お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2006年06月14日

Yahooか?Googleか?

忘却防止。の以下の記事を読んで。
「Googleはとっつきにくいから親切なYahooを使う」のは、案外大多数の意見なのかもしれない
GoogleよりなぜYahooなのか〜自分の常識を見直してみる

私の場合はポータルサイトをYahooにしていて(天気予報とニュースはYahooが使いやすいから)、検索は主にGoogle、時にYahooという具合で、検索の目的で使い分けている。例えば商品を探したいときにはYahooで、物事を調べたいとき(特にインターネット関連)はGoogleで検索している。もともと調べることが好きなので、インターネットを始めたときから検索しまくっていた。検索はGoogleがいいらしいと聞いていてもなかなかYahooから離れられなかった。しかし何年か前にGoogleのツールバーを導入してからは、どんどんGoogle派になっていった。
続きを読む
posted by Marumameko at 10:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年06月01日

ブログにおける「自分語り」に思う

池田信夫 blogの「日本はブログ大国?」という記事によれば『TechnoratiのCEO、Dave Sifryによれば、全世界の3700万あまりのブログの記事を言語別に分類すると、トップは日本語』だそうである。
日本の場合、個人の日記としてのブログの多くは自分の経験や思うことを書いている。これを「自分語り」と括ったりもする。おそらくこの時間にも日本のあちこちで、パソコンに向かって自分語りをしている人間がたくさん居るに違いない。

日本には「私小説文学」なるものもあり、ブログが大衆化する以前から「web日記文化」があった。日本人は自分の内面を見つめることが好きな傾向があるのかもしれない。公開したい情報のテーマを持たない人がブログを始めるとしたら、身辺雑記を書くことしか思いつかない。また人のブログの記事を読んで自分の見解を記事にすることは、まだ初心者であれば敷居が高い。そこで身辺雑記(日記)を綴っていけば、そもそも「書く」という行為は自分を見つめなおす側面を持つので、おのずと「自分語り」していくのではないだろうか。

同時に自分語りをしているブログを求めるようにもなる。コミュニケーションを求めるにしても、読むだけで満足するにしても、いわば“魂の惹かれ合い”が発生するのだ。
続きを読む
posted by Marumameko at 18:34 | Comment(10) | TrackBack(2) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年05月30日

ブログでのコミュニケーション

もっとトラックバックを活用しませんか」という記事に複数のトラックバックをいただいた。既にトラックバックを有意義に活用して楽しんでいる方の賛同トラックバックは「援護射撃」としてありがたかった。しかしブログをやっている大部分の人は、『考え出すとほぼ送れなくなってしまいます…。』と書かれているAd.Y&Wさんのような感じなのではないだろうか。もっとトラックバックを活用しようと呼びかけた私自身も、実はいまだ発展途上である。
「大したこと書いていないから」とか、かえってノイズになってしまったりしてしまうのではないかということが送ることを考えるたびに浮かんで来るような時期もあったな。
それでも読み返して、うなずき以上の意見があれば送ろうとか思った時期もあったんだけど、自分のブログにおける全体的な自分語りの強さとか、それを相手側に送ってまで読ませるというところに何か抵抗のようなものを感じて躊躇しているうちに、気がついたらトラックバックするということをあまり考えないようになってしまった。
単に賛同を送るなら記事にコメントを書き込むだけで事足りるし、賛同に自分なりの視点を付け加えて述べたい、あるいは異論を述べたければ記事にしてトラックバックするというのが順当な使い方である。しかし送る段になって“躊躇”が先立つというのはよくわかる。
続きを読む
posted by Marumameko at 18:42 | Comment(2) | TrackBack(2) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年05月20日

もっとトラックバックを活用しませんか

ブログをやっている人、トラックバック機能を使っていますか?
どんなふうに使っていますか?または使わない理由はなんですか?
あなたのブログはトラックバックをもらいますか?どんなトラックバックが送られてきますか?

私がブログを始めた昨年2月の時点では、既にたくさんの人がブログをやるようになっていました。それからもブログの利用者はどんどん増えています。でもトラックバック機能をまだ使いこなせない、あるいは使い方について誤解している利用者が多いような気がしてなりません。

では新規利用者や初心者でトラックバックそのものの仕組みが分からない人や、イマイチわかってない人のためのおさらいを。

トラックバックとは?

Yahoo!辞書 〔新語探検〕トラックバック(2005年5月15日)
はじめてのウェブログ3分でわかるトラックバック
→同上「トラックバックって何ですか?

ご自分が利用するブログサービスのFAQ集と上で紹介しているページくらいは、皆さん読んでいるのではと思うのですが、読んでいない人はじっくり読んでください。で、読んでみると「あれ?」と思うのではないでしょうか。
続きを読む
posted by Marumameko at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(4) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年05月18日

ブログの目的

コメント欄で「ブログに何を求めているの?」という質問をいただいたので、これまでもその意思表示はしているつもりだが、変わってきた事もあるし変わらないこともあるし、今の時点での気持ちを書いておく。

ブログを始めた当初は“まるごとの自分”の自己表現が誰かに届くことを願い、感性や考えが近い人との出会いを期待するところが大きかった。今思えば「私のことをもっと知ってほしい」という自己顕示欲なのだが、私だけでなくブログで自己表現したいなどと考える人にはありがちなことである。私の場合は趣味をテーマにしたウェブサイトの運営者としてだけの“私”でいることの物足りなさが大きかったから、そんな傾向が強かった。ブログというツール特有の「記事ごとに独立」というメリット・デメリットを知るに従い、「まるごとの自分=ブログまるごと」にはそれほど意味がないと思うようになった。

で、私のとってのブログとは「自己実現の手段」であり、「好きだからやっていて楽しい」もので、「書かずにいられないことがある」から書いているものである。
続きを読む
posted by Marumameko at 10:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク