お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2005年06月16日

旬の人

最近毎日読んで時にはコメントを残すブログがある。ご自分のこと、家族のこと、日々感じたことを書いていらっしゃる点では、他のブログとそんなに変わらない。山歩きが趣味のひとつという共通点もあるが、好みが似ていて彼女の感性と惹き合うものがあるようだ。それ以上に彼女の生き生きした文章が良い。正直なところ、こんな文章を書けたらなぁと、時には妬ましくなる。

ブログを始めて自分を表現することが面白くてならない様子で、怒涛のアップがある日も少なくない。そうだ、私にもそんなときがあったなぁ…。あの頃(たった3年前…ネットの時間の流れは速い!)は「ブログ」があってもこれほどの広がりなど考えられなかった。だから「山歩きの記録」というサイトのサブコンテンツという形で、自分自身を表現するページを作っていた。山歩きというカテゴリーでのウェブサイトだから、読んでくださる人も限られ、ひそかに期待していた「惹き合う感性」の持ち主との出会いは叶わなかった。ブログの流行、遅すぎ!

彼女が生き生きしているのは、たくさんの趣味を持ち、行動的で前向きに生きているからである。ひきかえ私自身はどうであろう?
勝負できるのは、昔学んだこと、昔感銘を受けたこと、昔夢中になったことだけである。新しく得たものなど何もない。そして「もう下降線のヒトだから」と低迷を肯定している。
自分を磨かなくてはいけないと頭ではわかっているのに、何もしようとしない怠け者。彼女のブログでコメントの交換をするのは楽しいが、自分を恥じて落ち込んでしまうこともある。
posted by Marumameko at 02:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

5年目の壁

〔前置き〕このブログまでなかなか手が回らない。8日の記事は「繋ぎ」のためにWEB日記からの転載というインチキ(^^; 本当は仮題同然のタイトルを変えたかったのに、なかなかアイデアが浮かばなかったのだけど…(^^; まぁなんとか納得できるタイトルに替えて再出発。

室内園芸、編み物、英会話と趣味にのめりこんでは5年周期で飽きてきた。ウェブサイトを作り出して5年目。昨年辺りから以前のような情熱は消えうせている。それでも続けているのは、例外中の例外で10年以上続いている山歩きという趣味を完結させるため、山行記録を残しておきたいからである。今でもアクセスしてくださるネットの山仲間や、Yahoo!などの検索エンジンから訪問してくれる閲覧者に支えられてはいるが、掲示板もかつてのような賑わいはない。私の消極的な姿勢が投影するのだろう。

プロバイダーの無料HPスペースの容量を超過し、レンタルサーバーを探さなくてはならなくなった。WEBRING用にレンタルしているサーバーにサブドメインを設定し、一部コンテンツを移転してしのいでいた。「5年目の壁」を乗り越えられず、いつやめるかもわからないサイトのために、有料のサーバーを借りたり、ドメインを設定するつもりなどなかった。

ところがひょんなことから気が変わり、昨日独自ドメインを取得しレンタルサーバーと契約を交わした。う〜ん、決断が早いのか、はたまた軽はずみなのか…(^^;
いずれにせよ、いかに「5年目の壁」が高かろうが、あともう1年くらいは続けよう。
posted by Marumameko at 01:40 | Comment(3) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年05月25日

ホワイトアウト

インターネットで自分を表現するようになって5年。
ホームページ、掲示板での交流、Webringを開設、メーリングリストにメールマガジンといろいろやってきた。でも、最近は何をやっても手応えがない。今、ネットで何をやったら良いのか方向性を見失い、わからなくなっている。
まるでホワイトアウトのなかにいるようだ。

悪あがき 空回り 五里霧中   
そんな言葉ばかりが頭に浮かぶこの頃である。

あらためて自分に問うてみる。「何をやるのが楽しいの?」
答えはひとつ、「作ること。その過程」。一貫して変わらない。

しかし作った後に反応が返ってこないと、天に向かってボールを投げているように虚しい。普段からの「ネットのお付き合い」が大切なのはわかっている。しかしなんとなく思うようにいかない。そのうえ活力・気力が低迷している状態が続いていて、引きこもりがちになっている。
青空が覗く日は来るのだろうか。
posted by Marumameko at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク