お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2005年10月30日

ブログとホームページ その2

※なるべくなら「ブログとホームページ その1」からお読みください(^^;

インターネットを始めてすぐにホームページを作りたくなり、そして実行した。そのときの経緯はホームページのこちらのページにまとめている。そこで「専業主婦となってから見つけられなかった、私自身の自己表現あるいは自己実現の手段のような気もする」と書いたように、私にとってのホームページは、登山情報の発信をしたかったというより、「自己表現」のひとつの方法だった。たまたま趣味が登山で、山行記録を「山旅日記」と名づけた大学ノートに記録していたので、登山のホームページを立ち上げることにしただけだ。当初から「日記」的なページを作り、登山とは違う話題のコンテンツを作ってみたり、どうも初めから登山情報だけの発信では飽き足りない自分がいた。

ホームページの開設後は、作成の技術面でのブラッシュアップにのめり込んでいった。しかし独学でのスキルアップも限度があり、センスも問われることがわかってきた。デザイン的に素晴らしいサイトはたくさんあり、いくら頑張っても追いつかない。自分のホームページの存在意義を疑い、やめてしまおうと考えることもあった。

思いとどまり続けてきたのは、ひょんなことからWEBRINGを立ち上げたからである。リングメンバーの交流で「山仲間ができた」と喜ばれたり、初心者の方に知っている範囲の技術的なことを教えて差し上げて感謝されたり。自分がいくらかは人の役に立つんだという喜びを得られることがあったからだ。そしていろいろな方のたくさんのホームページを見ることで、ホームページの良し悪しはデザインではなく、巧拙でもなく、「内容」だと気づいたのである。
続きを読む
posted by Marumameko at 14:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

ブログとホームページ その1

えみ丸さんが記事【HPとblogの意識の差】で投げた石から波紋が広がって、ぴとこさんが記事【書きたい気持ち】を、MINMINさんが記事【ブログとホームページ】を書いている。

私自身もブログとホームページについての違いや使い分けについては、以前からあれこれ思うところがあって、その一端を記事として書いたこともある。
ブログは匿名にしていたい!
ブログをする意味

それでコメントをさせてもらったのだが、他の方々のコメントもついてちょっとした熱い意見交換の場になった。これもブログにはトラックバックの機能があり、記事それぞれにコメント欄が設けられているからで、これこそが「ブログの本領発揮」で、「ブログならではの面白さ」だった。また、ぴとこさんがコメント欄でいみじくも『こんな風に言い合ったことなども、大事にしたいとき…』と書かれたように、ブログのコメント欄での有意義な意見交換やトラックバックによって、その記事の情報量がより一層高まることもあるのが、ブログの良いところでもある。その点で言えば、私自身もたとえ共鳴する記事を読んでも、臆してコメントを残してこないことが多いが、これからはもっとコメントをしようと考えを改めたのである。

このようにブログは、ホームページにはない可能性を秘めた新しいコミュニケーションツールだが、ホームページの良さも捨てがたくこれからも両立させていくつもりである。
私はホームページとブログは、厳密に言えば違うものだと考えている。説明しろと突っ込まれると困るのだが、なんとなくそう思う。そして今のところはホームページは「登山の情報提供と登山という趣味を通した交流の場」、ブログはもっと間口を広げた対象に向かって、「まるごとの自分の自己表現の場」と使い分けている。
続きを読む
posted by Marumameko at 13:58 | Comment(2) | TrackBack(2) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年07月16日

ブログをする意味

7/14「ブログは匿名にしていたい!」のエントリー(投稿・記事)に、『このブログはクローズされたブログ?』というコメントを頂いたので、詳しく説明しようと思う。

記事の内容によっては無用な軋轢を生むかもしれない人間(身内・夫の関係者など)からのアクセスを望んでいないため、公開しているウェブサイトからリンクをしないが、このブログは特定の人だけに読んでもらうつもりでやっているわけではない。利用しているこのシーサーブログには、ディレクトリ毎に設定できる「ページ認証機能」があるが、それを使うつもりもない。
いやむしろ、アウトドア・山歩きのカテゴリーを選択してきて読んでもらうことが前提のウェブサイトと異なり、間口を広くオープンにしているつもりである。

ブログがHTMLウェブサイトやcgi日記(レンタルweb日記)と違うのは、「RSS」と「ping送信」であると考えている。

ブログを始めてから得た知識・情報によれば、Googleなどの検索エンジンが巡回させるサーチエンジンロボットは、RSSを公開しているブログの更新情報を効率よく収集していく。そのためブログは、検索結果において一般ウェブサイトより上位に表示されるらしい。「ping送信」とはブログサービス各社やブログランキングの検索エンジン(例えば人気blogランキング)に更新情報を送ることである。これにより、自分のブログが多くの人に目に留まる機会が増える。またブログランキング系のサイトには〔似た記事を探す〕機能があるので、自分と同じ関心事を持っていてそれについて書かれたブログを見つけることができる。だからブログは「意見発表」に向いていると言われている。

私はブログをやるからには、持っている情報を多くの人に提供し、私の意見を多くの人に聞いてもらい、批判や反対意見を含めたコメントを頂戴して意見交換がしたいと考えている。もちろんブログを「日記」風に使うのもその人の自由。「ブログは匿名にしていたい!」で書いたように、私は時には突っ込んだ意見交換もしたいと思っている。だから、レンタルweb日記ではなくブログなのである。

従ってping送信も設定してあり、多くの人が共有する話題についてのエントリー「大河ドラマの楽しみ方」に見知らぬ方からトラックバックを受けたのも、その結果である。

それでも見知らぬ方のブログにコメントするのは、多少「清水の舞台」的なところがあり、私もなかなか飛び降りることができない。よく読ませていただくブログのひとつは、ブログランキングサイトで「似た記事を探した」結果知ったブログ。しかしまだ挨拶はしていない。それでも今後も、意見を交換したり共鳴しあえるブログ、ブロガーとの出会いを期待している。
posted by Marumameko at 09:18 | Comment(5) | TrackBack(1) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年07月14日

ブログは匿名にしていたい!

6月下旬に総務省が「ネット利用は匿名を排除し実名で」という方針を発表したのを受けて、ブロガーの間で「匿名か実名か」の論議が盛んに巻き起こっていたのを、サーフィンで摘み読みしていた。

【参考クリップ】
報道資料
インターネット市民新聞『JANJAN』
※「インターネット/匿名性」などで検索すると、他にも「ネットの匿名性」について書かれた個人ブログなどがわんさか出ます。

ところが議論が収束してきたようだと思っていたら、実はこんな理由だったのか。
ITmediaニュース


それはともあれ…
これから書くことはまったく個人的な、矮小な問題である(^^;

趣味の山歩きをテーマにしたウェブサイトからこのブログはリンクしていないし、今後もリンクを貼るつもりはない。ブログでは山歩きとはかけ離れた話題を書きたい。差し障りのない日々の雑感やテレビや演劇の感想も書くけれど、意見や主張も書きたいし、時には毒のあることも書くかもしれない。匿名だからこそ書けることもある。
続きを読む
posted by Marumameko at 06:52 | Comment(16) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2005年06月29日

視点

ブログにしてもweb日記にしても、社会問題や政治に触れるようなことを取り上げるのは、躊躇しないわけではない。何も政治的信条を振りかざしたり、押し付けたりはしていないし、それをするつもりもない。しかし交流の幅はネット上の山仲間同士に限られているので、こんな話題で引いてしまう人はいないだろうかと気を回す。だが私は、「○○山に行きました」「良かったですねぇ」「山は楽しいね」といった話題だけでは物足りない。

私の10代後半、世の中は政治の季節だった。感受性が研ぎ澄まされ、正義感を持ってキッパリと生きることを潔しとする青春期に社会の矛盾を感じたとき、目の前には熱い闘争の世界が広がっていたのである。その世界に身を置いたといっても、ほんの末端に片足掛けていたに過ぎない。しかし私にとっては、重い時間の流れがそこにある。

得がたい経験や心の痛手や挫折、それらをモヤが覆うようにして時は流れた。今はあの頃の熱い魂は持たない、フツーのオバサンである。しかしその時々の政治あるいは社会問題には敏感になる。そして社会問題を考えるとき「政治的視点」からも視る習慣がある。「三つ子の魂百まで」なのである。

ブログにしてもweb日記にしても、これからも「政治的視点」を込めた話題を書くだろう。それはいわば「私らしさ」なのだから。
posted by Marumameko at 16:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク