お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2005年11月25日

耐震強度偽装マンション問題

お昼のニュースを見ていたら、北側国土交通相が『民間に委ねたからどうこうという話ではない。制度のどこに問題があり、どこを改善すべきなのか、しっかり調べる必要がある』と言っていた。

耐震強度偽装マンション関連ニュース

しっかり調べていただきたいのは当然だけど、そもそも建築確認の民営化自体に問題があるのじゃないかと思う。検査を行う民間機関は中立であるべきだが、実は建設会社、住宅メーカーが出資しているらしい。これでは消費者をないがしろにしてまでの、工期・利益優先のインチキ検査がまかり通りやすい。民営化された以前の自治体での検査に、構造計算書の偽造の見逃しがあったこととは別の問題だと思う。

この事件が耐震強度を偽造した1級建築士ひとりの犯罪ではなく、建築会社と販売会社ぐるみの事件だということは、もう国民には「お見通し!」。業界ぐるみどころか、なんだか「政・官・業の癒着」まで発展するキナ臭さもある。なのに、マスコミはなぜか強く言及・追及せず、歯切れが悪い感じがしている。野党の動きも伝わってこない。政府による、政府と役所と業界のためだけの調査で終わるような気がしてしまう。消費者が立ち上がらない限り、こんな事件は後を絶たないだろう。

で、私の住まいもマンションなのだが、20年も前のそれも住宅・都市整備公団(現・都市再生機構) が大規模開発した団地の分譲マンションだから、建築構造の心配はとりあえずなさそうである。施工は会社名を書けば誰でも知っている大手建築会社…とういうよりゼネコンである。新築マンションを購入したので、住宅瑕疵(かし)保証サービス(新築住宅の10年保証)が適用され、確か2年目、5年目、10年目に瑕疵(かし)の申告・調査とそれに基づく修理工事(公団負担)が行われた。我が家の場合の瑕疵で大きかったのは、リビングルームの西側の梁と壁に、一部(隅に)隙間が出来てきたことだった。梁が落ちてきたわけではないので、それほど重要視していなかったが、実はこれは手抜き工事が原因のとんでもないことだった。

調査に来た建築会社の担当者(課長級)が言うには、当時の担当者の"ミス"で、本来ボルト止めにしなくてはならないのに接着剤だけで工事をしていたのが原因だったとのこと。つまり外壁のコンクリート躯体があり断熱材を挟み合板の壁があるのだが、断熱材と壁が接着剤だけで固定されていたらしい。我が家の場合は建物の西側妻のために日差しによる温度変化が大きくて、接着剤の劣化が早かったらしい。放っておけば壁が落ちることにもなりかねなかったそうだ。で、前の担当者とは違って「信頼を重視」する新しい担当者は、そのことを公にしたうえで、申告があった入居者だけではなく、全戸のやり直し工事を行ったという経緯があった。工事のときは西側の壁に置いた天井の梁までの大きな家具を移動したり準備も、後始末も大変だった。クロスを剥がし40センチ間隔でボルトを打ち込み新しいクロスに張り替えて、その後は壁が落ちることもない。

これ以外にも入居した後には小さな幾つかの欠陥が見つかり、その都度補修が行われた。我が家がある低層棟は屋根が切妻で、最上階の4階はロフト付きである。そのため4階のLDの天井はかなり高い。LDとキッチンの仕切り壁のLD側は石膏ボードなのだが、4階のあるお宅ではこのは石膏ボードがドサッと落ちた。また同じ大規模開発エリアには、同時期に住宅供給公社が販売したマンションもあるのだが、公団より欠陥が多かったらしい。

公団、公社のマンションは民間と比較すれば当たり外れが少ないというのは確かだ。土地代が安く済むため、民間より内装に良いものが使われているというウワサも、実際に購入した立場から本当だと言える。それでも幾つかの欠陥も現れ、経費節減のための故意の「手抜き」だったかかどうかはわからないが、実際に手抜き工事は行われていた。造れば高くても売れるバブルの時期と、需要は増えたが安くなければ売れない最近のマンションでは、どれほどの手抜き工事があるのかを考えるとゾッとする。
posted by Marumameko at 15:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
私の父は、建築関係の仕事をしていて
ビルなども作っていたのですが、
この事件を聞いて、どんな気持ちなんでしょうかね。
学歴でも、資格でもない「いい仕事をしたい」
という良心が大事なんだなと思いました。
Posted by いく@しずおか at 2005年11月25日 17:27
業界にもいい仕事をしたいと思って仕事をしている現場の人や設計の人や営業マンがいっぱい居て良心的な会社もたくさんあると思います。でもこういう問題は「良心」で解決するほど甘くはない気もするんですよ。
Posted by Masako at 2005年11月25日 22:10
そうですよねー。今回のことをきっかけに
改善されるといいけれど。
人間って何か規制とかチェックされないと
きちんとできないっていうのが悲しいです。

ゆうべ、実家に電話したら、案の定、父は吠えまくっているそうです(笑)
母が「もう うるさいから、このテレビはなるべく見せないの」
っていうのがおかしかったです。
Posted by いく@しずおか at 2005年11月26日 07:20
おはようございます。
事件も広がりをみせて報道も頻繁だし
お母さま、見せないようにするのもたいへんでしょうね(笑)
Posted by Masako at 2005年11月26日 08:18

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック