お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2007年10月27日

ネットでの「私」

何事もやってみないであーだこーだ言うのはイクナイことなので、Twitterをもう少し踏み込んで使ってみることにしました。

私の場合ネット活動上の名前つまりハンドルネームを2つ持ち、それぞれ発信する内容によって使い分けています。このブログでのハンドルネーム“Marumameko”と、趣味のウェブサイトなどで使用している本名をローマ字にした“Masako”です。よってTwitterもそれぞれのハンドルネームで登録し使い分けしています。

今までMarumamekoでのTwitterでfollowsも増やさず放置していたわけは、ユーザーに年代差を感じたり彼らの呟きの大半に興味を感じなかったこともありますが、どういうわけだか発言しにくかったのです。発言できない理由は“Marumameko”には実態がないからなのじゃないかと、おぼろげに感じていました。

ネットでの“Masako”も“Marumameko”も生身の私の一面なのは間違いないけれど、ご飯を食べて洗濯をして夕食を作ってという実生活がある私とほとんどそのまま重っているのは“Masako”のほうです。じゃが芋の皮を剥きながらこのブログの記事を推敲しているときの私というのを考えてみると、じゃが芋の皮を剥いているのはネットにいない私だけど、ネットのことを思索する私というのは私のなかの“Masako”の部分で考えているみたいな気がします(明確な意識じゃないけど)。決して“Marumameko”が考えているわけじゃない。

つまり“Masako”はネット上の「通名」で、すなわち「ほとんど私」、“Marumameko”は「私のペンネーム」みたいな感じかなあ。ペンネームには実生活の属性が希薄だから“Marumameko”の名前でdoingが呟けないのかも…。

ところがこの記事を書きながら同時進行でMarumameko@twitterをしていたら、温泉の話題に生身の私が反応してしまい、生身の私が返信していました。

コワイぞ、Twitter(笑)

ちょっとした「メモエントリー」なので内容も結論もありません。
で、こんな記事も参考に…
304 Not Modified - ネットとリアルの関係
posted by Marumameko at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | メモみたいな このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

[電脳] ネットで人が死ぬとき
Excerpt: この二つの命題には、何か重大な真理が潜んでいる気がする。 ネットはリアルの一部です。 リアルはネットの一部です。 304 Not Modified: ネットとリアルの関係 まずは一つ目の「ネットはリ..
Weblog: そこにはなにがある
Tracked: 2007-10-28 20:36

最近のトラックバック