お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2007年10月17日

そろそろ日記ブログからの脱却を

あなたはブログをやっていて、ワクワクすることがありますか?

私がブログをやっていて一番ワクワクするのは、見ず知らずの人からの反応です。見ず知らずの人からの反応とはコメントに限らずスパムではないトラックバックだったり、アクセス解析を通して見る検索キーワードでのアクセスだったり、ソーシャルブックマークされることなどです。そして「はてなスター」をつけて貰うこともそのひとつです。

広くて広くて茫漠としたウェブのネットワークでは、小さな小さな点でしかないこのブログの記事。社会的地位も何もない私が書いたものを、目に留めて見ず知らずの人が読んでくださる。それはネットを始める前には想像もつかないほど恐れ多いことでした。ですからほんのたまにではあるけれど、いわゆる“通りすがり”の人からコメントを頂くと、これこそネットをやっていての醍醐味だなあと思います。

ブログを含めウェブ上でなにかを書いている人は、一部を除けば多くの人に読んでもらいたい、反応という手ごたえがほしいと望んで書いていると思います(ちなみに、徹頭徹尾自分のブログは“仲間との仲良しコミュニケーション”が目的という人で、徹底して見ず知らずの人のアクセスを望まないなら、本来ならSNS(mixiなど)でするなりブログを認証制にしてほしいものです)。だけどあなたのブログには見ず知らずの人からの反応がない…それは何故なのかを考えてみたいと思います。

先ず、積極的に未知の人からのアクセスを増やす努力をしているかどうかという問題。アクセス数にこだわるということではありません。日本のブログ利用人口はおよそ800万人だそうなのですから、あなたのブログを人に知らしめる努力は大切です。ブログサービスのポータルや、他社ブログサービスへの更新通知(ping送信)は必須です。またコレは読んでほしいと思った記事なら、話題ごとのトラックバックセンターを利用するのも良いでしょう。関心があるコミュニティへの参加もひとつの手段です。
《参考》
トラックバックセンターサービスのひとつ
トラックバック・ピープル - Blogpeople
ブログのコミュニティサービスのひとつ(トラックバックセンターもあり)
にほんブログ村 - ブログランキングと検索

日記を読んでくれるのはオトモダチだけ
しかし書いていることが身辺雑記、つまり日記ばかりなら反応してくれる人を期待できません。ごくごくフツーの個人の日記に反応してくれるのは、知り合い(リアルでの&ネットでの)だけだということをシビアに知る必要があると思います。
ブログで本来のネットの醍醐味を味わいたいなら、日記だけのブログから成長させましょう。例えば映画や書籍の感想を力を込めて書いてみる。ちょっとしたことでもいいから、自分の意見を書いてみる。誰かのためになるような情報を書いてみる。意見や情報が書かれた記事を読み、それについて思うことがあったら書いてみる。もし実際の体験に基づいて学んだこと成長したことがあるのなら、それはあなただけの心の内にしまわずに是非書いてみてください。あなたの記事を待っている人が、広いネットのどこかにいることを信じて。(注;下部参照)

ブログを分けてみる or カテゴリー分類を見直す
日記中心のブログでも時々は映画や本の感想や意見を書いているのに、常連さんのオトモダチからの当たり障りのない反応しか見当たらないブログをよく見かけます。それが良い記事だともったいないなあと思うことも。趣味が同じ・感性が似ている仲間でも、全ての話題で突っ込んだ反応を得ようというのは無理。せっかく良い記事を上げても仲間同士の繋がりが濃い“仲良しコミュニケーション”の雰囲気の日記ブログでは、検索キーワードからの訪問者もコメントが書きにくいのです。思い切って“仲良しコミュニケーション”ブログと別のブログをやってみては?それぞれの更新が頻繁ではなくなったとしても、ブログ自体は充実してきます。
ブログを二つに分けないまでも、ブログ内でのカテゴリーでは「日記」とはきちんと分けることが重要です。カテゴリー名は誰もが何が書かれているのかわかるようにしたほうが親切。

バックボーンの違いが問われない、フラットな立場での自己表現が可能なウェブ。そのウェブでせっかく何かを書いているのですから、一人でも多くの未知の人に読んでもらって、ワクワクドキドキを楽しみたいものです。

【注記】「情報」や「自己主張」がなくても読み応えのある文章や惹き付ける文章でいわゆる“読ませる”ブログがあります。身の回りの出来事を取り上げ、自分のバックボーンと経験で培われた文才を発揮しているブログです。こういうブログは「日記ブログ」とは考えません。そもそも読ませる文章を書ける人で、不特定多数に読んでは貰いたくない人がいるのでしょうか。認められたいと願い、不評をも覚悟しての反応を受け入れて成長の糧にする人の文章こそ、人を惹き付けて“読ませる”ブログなのだと思います。

《追記》
補足したいことがあり便宜上別のブログで書いたのですが、別のブログではこちらから連動して読んでいただけないのでリンクをしておきます。できましたら合わせてお読みいただけるとうれしいです。

webで書く意味を自覚しているブロガーを増やしたい
posted by Marumameko at 17:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
こんばんは〜
>“仲良しコミュニケーション”の雰囲気の日記ブログでは、検索キーワードからの訪問者もコメントが書きにくいのです

これ書かれちゃうと、どこのブログやHPにも
書き込みできなくなっちゃうなぁ〜。
自分のサイトだって、やってて意味あるの?
って思い知らされました。

文章って言うのは後に残るので、無難に。と
やはり思ってしまう私には成長はなし(笑)
Posted by いく@しずおか at 2007年10月18日 21:29
いくちゃん、こんばんは。
私はコメントのやり取りもネット交流の楽しさのひとつだと思っています。
そう考えない人はコメント欄を閉じてもいいけどね。
で、お馴染みさんばかりのコメントに“お初”で割り込むのって気が引けますよね?
だけどオトモダチ交流目的ではない記事を書いたときくらいは「これは不特定多数に向けて書いてます」という意識で書くと、通りすがりの人もコメントしやすい雰囲気が保てるような気がするのです。経験的に。

>自分のサイトだって、やってて意味あるの?って思い知らされました。

やっぱり私の文章力のなさ、力不足だなあ(^^;
そんなこと言ってません。意味あります(キッパリ)
ここではブログの日記に限って述べているのですが、個人サイトの意義となると別の話です。
長くなるので、以前書いた記事が答えになるかと思います。
恐縮ですが読んで頂けるとうれしいです。

http://d.hatena.ne.jp/Marumameko/20060628/p2
Posted by Marumameko at 2007年10月18日 22:18
こんにちは。

|一番ワクワクするのは、見ず知らずの人からの反応です。
そうですね。
この人はどうやってここに来たんだろう?とか、
どんな人なんだろう?と考えたりします。

|日記を読んでくれるのはオトモダチだけ
ハイッ、そのとおりです。
が、なかなか新しい発信も難しいですね。
私の場合は、税法改正関係や仕事関係の気づきを書くようにしていますが、そればっかりでは続かず、また、面白くもなく。

え〜、とりとめもなく、ポチッとコメントしてみました。
(今日はちょっとだけ、余裕があるので(^^))
Posted by つかさ at 2007年10月18日 22:45
つかささん
お忙しいところコメントどうも。
とりとめのないコメントも大好きです(笑)

ビジネスのサブコンテンツブログでは「日記」の意味も純粋な個人ブログと違ってくるでしょうね。
時には息抜き的な記事も会社への親しみやすさをアピールできるでしょうし。
固いお仕事関係の記事でも、お好きな甘味の写真を添えて工夫なさっていますよね(^^)

で、新しい発信もホント難しいです(^^;
Posted by Marumameko at 2007年10月18日 23:28

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック