お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2007年09月28日

はてなスターはもっと広いネット社会への扉

「はてな」で7月にはてなスターというweb拍手に近いサービスが始まった。何でも黙っちゃいられないユーザーが多い「はてな」ではこのサービスの是非を巡って喧々囂々という事態もあったけど、使いたくないユーザーは使わないという方向で一応沈静化し、「はてな」でのブログサービス「はてなダイアリー」では余り書かない私もソコソコ楽しく使っている。

「はてな」を知らない人は→はてなってなに?
はてなスターって?→はてなスターはじめてガイド

はてなスターは早い段階からユーザーが「はてな」以外で利用しているブログにも設置できる仕様になっていたが、はてなユーザーのみしかスターを付けられないのじゃ(私にとっては)意味がなかった。

…と、思っていたけど宗旨替え(笑)
ある意図を持って設置してみた。

このブログでは以前「web拍手」を設置していた。本当に通りすがりの閲覧者さんから「web拍手」でのコメントを貰うこともあってそれなりに目的は達成していたけれど、あまりに頻度が少ないのでやめた。でも“オトモダチとのコミュニケーション”が本来の目的ではなく、見えない不特定多数に向かって孤独にやっているブロガーは、とにかく淋しくてどんな小さな反応でも欲しいのである。

で、最近「web拍手」より機能が充実したサービス(「PostReach ClickComments」←詳細は下記リンク参照)を見つけたので一考したのだが、どうも評価にこだわっているのが私の意図と違う。それにどうやら不具合も多いらしい。

ワンクリックでコメント投稿!PostReachプラグイン - 創造マラソン

やはりはてなスターの『あなたがブログを読んで感じた「ちょっといいな」を気軽に☆にしてください』というコンセプトがいいなあ。はてなユーザー以外でもポチッと押せるように実装されるのは期待薄なので、はてなスターをこのブログに設置しようとは思わなくなっていたんだけど…。

しかし、はてなスターだけを使いたくて「はてな」に登録する人も現れるかもしれない。また、はてなユーザーではなくて☆を付けられなくても、付いた☆をクリックすると付けたはてなユーザーの「はてなスターページ」に飛び誰でも閲覧できる。それって、このブログを読んでくださる人に「あなたが知らないブログやネットでの表現がこんなにありますよ」「あなたの知らないネットコミュニティに、ひょっとしたらあなたが求めている答えがありますよ」という窓口になるんじゃないかと気がついた。

何故「はてな」への「窓口」・「扉」にこだわるのかといえば、狭いネットコミュニティで満足しているネットユーザーさんたちが多いことに、今少々じれったくてしかたがなくなっているからだ。

なにも積極的なコミュニケーションを強いたり(私なんてまったく“交流”してないし)、不特定多数を視野に入れないブログを批判しているのではない。他所にも珠玉の言葉・文章がたくさんあり、今のあなたが抱えている想いに響いてくるブログ記事に出会える可能性もあるのに、食わず嫌いをしたり必要以上に“表に出る”ことを怖れていてもったいないなあと思うことが多いのである。

「はてな」は確かにユーザーに傾向の偏りはあるが、読み応えがあるブログが溢れている。IT関連技術系やアニメ関連ではない、淡々と毎日のレシピを美しい写真と共にアップしているブログだってある。真摯に育児や教育問題について書いているブログは、なかなか他所では見受けられない。当然ながらまったりとコメント交歓しているユーザーだっている。いや、別に「はてな」じゃなくたって。つまりですね、いつものブログだけじゃなく、もっともっとたくさん良いブログ・記事(エントリー)を読もうよってこと。

そんな意図を込めて「はてなスター」を導入することにした。

なあんて熱くなって書いたけど、このブログにはてなユーザーさんから☆を付けてもらえなけりゃどーしようもないけど(笑)

あとはもうひとつのブログ「終わりのない旅」は“Marumameko”とは一線を画してやっているので、“Marumameko”と関連付けされるはてなスターを導入できないというジレンマもあったりして(^^;
posted by Marumameko at 06:31 | Comment(2) | TrackBack(1) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
率直な意見を申し上げてよいでしょうか。
Masakoさんの訴えたい事やジレンマは、痛いほど伝わってきます。
広いネットの海に飛び出そうよと誘って下さる気持ちも嬉しいのです。
けれど、Masakoさんのネットの知識と比べると、こちら側の人達の知識は低すぎて、書かれている言葉で詰まっちゃうのです。それを調べるほどの情熱はなく、自分の知りえる知識の中でしか動けないという結果に陥るんじゃないかなあ。

常日頃感じるのは、好みの記事をどんな風にみつけてMasakoさんが読んでいらっしゃるかということ。はてな・・Masakoさんの所から辿って読んでみたことがありますが、ネット上級者以外立ち入り禁止みたいな風潮が感じられて、とっとと逃げ帰りました。(笑)
今回の記事にしても、恥ずかしいことに、??状態なんですよ。
リンクやトラックバックや検索という形でしかネットの海を泳げないのです。
以上、長々と感想を書きました。文章が下手なので、気に障る所があれば、勘弁してください。
Posted by ももちゃん at 2007年09月28日 08:31
ももちゃん
気に障るだなんて間違っても思いませんから。
私の「はてなブックマーク」の記事を見て??なのは、
私の偏った関心事のクリップばかりですから当然です。
私の「はてなブックマークページ」ではなく、はてな全体の「はてなブックマーク」ページでももちゃんの関心ごとを探してみてください。
検索窓があります。キーワードとか、タグで絞って。
そうそう、「タグ」に慣れるといいですよ。
「はてな」に限らずYahoo!ブックマークでもニフティクリップでもLivedoorクリップでもいいから、ソーシャルブックマークを登録しなくていいから覗いてみると良いと思います。

私たちのコミュニティを含め一般的なネットユーザーは
「こんな素敵な記事を読みました」というような記事を書かないですよね。
たまに書いても絶対リンクしてくれてない。リンクもトラックバックも仲間内でだけ。
広がっていかないし新発見もない。
良い記事はリンクされたくさんの人に目に留まり、それに触発されてまた良い記事が書かれる…というってのがwebの良いところ、面白いところなのに。
仲間内だけの閲覧で充足してしまうことは「半径ワンクリック」っていうそうです。
決して知識が高いとか低いとかじゃないです。
ワンクリックをせめてツークリックにして、ネットを楽しんだり思考を深めたりしよってこと。

>好みの記事をどんな風にみつけて読んでいらっしゃるかということ…

「はてな」はイヤでも関心・興味の傾向が近いユーザーが目に留まるサービスなんで(笑)
そうやって知ったユーザーさんの中には、良質な記事を紹介する“個人ニュースサイト”さんもいます。
また「はてなブックマーク」をがんがん使っていらっしゃる方も。そんなところをチェックして読むことがほとんどです。
で、この記事の☆の中にそんな方々もチラホラ…でビックリやらうれしいやら(^^;

※ちょいと書きすぎたかな(笑)
Posted by Marumameko at 2007年09月28日 11:42

この記事へのトラックバック

【 はてなスター 】について最新のブログの口コミをまとめると
Excerpt: はてなスターに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
Weblog: プレサーチ
Tracked: 2007-09-28 15:08

最近のトラックバック