お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2006年03月11日

相互リンクについて

趣味をテーマにしたwebサイトのほうに、最近立て続けに相互リンクの依頼のメールをいただいた。私のサイトは昨年あたりから更新頻度は少なくなり、アクセスもそれほど多くない。トップページへのアクセスは、最盛時は1日200カウント近くだったが、最近は100カウントに満たないことが多い。同じ趣味のサイト同士の、いわば内輪相互リンクはもう一段落してしまい、こちらから相互リンクをお願いすることもなければ、相互リンクを依頼されることも滅多になくなっていた。それが今年に入ってから再び相互リンクを依頼されることが増えてきた。

ブログは記事の中での「記事同士のリンク」が普通であり、「相互リンク」というのは馴染みにくい。しかしホームページではリンク集ページというコンテンツがあるくらいで、同じカテゴリーのサイト同士や関連サイトを集めてトップページをリンクするのが一般的である。私がサイトを開設した6年前にはページランクというという概念はなかったから、見ず知らずの人気サイトにリンクしてもらうようお願いするということはしなかった。リンク数を増やすことがアクセスアップに繋がるというので、むやみに相互リンクをしている人もいるにはいるが、あくまで同じ趣味の愛好者同士ということで、交流することを含めての相互リンクであるように思える。

ところが最近の相互リンクの依頼は、この傾向が崩れて変化してきている。同じ趣味の人ではないアウトドアというゆるいくくりでのサイトや、「健康」をテーマにしたサイトのような、関連があるような無いようなサイトからの申し込みがほとんどである。どうやらGoogleのページランクが高い個人サイトにリンクしてもらえると自分のサイトのアクセスアップに有効であるという情報が広まってきていて、そのために起きている現象だと思われる。

〔参考〕
GoogleのPageRankについて
Google5+ >ページランクとは

ちなみに私のホームページは pagerank4 である。Googleのディレクトリには登録申請済みだが、まだ登録されていない。しかしYahoo!カテゴリの人気順リストで、一応上位?の部類であることから、相互リンクを依頼されやすいのかもしれない。

そもそもリンクをしてもらったらこちらからリンクをしなくてはいけないというルールがあるわけではない。それでも以前はお願いされたらお断りするのも失礼かと考え、私のサイトの方針から外れていないサイトであればリンクしてきた。それほど頻繁に依頼があるわけではなかったからだ。ところが今後もこの調子でどんどん依頼があるとなるとそうもいかない。そこで先日、ホームページのリンク集ページに「多忙のため一時リンク集の更新を休止中。リンクの依頼に応じられません」という内容の断り書きを入れた。ところが「更新を再開したらで結構ですので是非リンクしてください」というメールが届いた。断り書きは効果がなかったらしい。そこでこれを機会に、ハッキリとしたリンクポリシー(リンクについての考え方)を表明する文章を挿入することにした。

※ご参考までに以下にリンクします。ご自身のサイトにおいてリンクポリシーを表記したい方は、文章をアレンジして利用してくださっても構いません。

リンク集ページ(目次ページ)

なお、リンクポリシーをまとめるにあたって参考にしたのは、次のサイトである。
ウェブページのリンクおよびその他の利用について(リンクは自由!)
リンクについての琵琶湖博物館の考え方
「リンク・著作権に関する方針」雛型
posted by Marumameko at 17:10 | Comment(11) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
なるほど。。。むやみにリンクをする人がいるのですね。
それだと困ってしまいますよね。。
Posted by いく@しずおか at 2006年03月11日 23:48
そうじゃなくて…
むやみにリンクされちゃっても別に困らないのですが、
相互リンクをお願いされるとたいへんだなぁ、ということです。
記事の文章、書き方がまずかったかな(^^;
Posted by Masako at 2006年03月12日 17:31
いえいえ、わかりますよ〜。
リンクの作業もなかなか大変ですもんね。

北海道から両親が帰ってきました。
流氷はなかったみたい。
今年は、1週間しか接岸してなくて
史上2番目の短さだそうです。
Posted by いく@しずおか at 2006年03月12日 23:03
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/women/etc/kaasanchi/index.html

こんなのができました〜。
西原さんのマンガを読みたくて
本屋へ行ったけど、こっちにはあまり置いてない。
がーーん、、、
Posted by いく@しずおか at 2006年03月13日 14:54
いくちゃん
流氷が1週間しか接岸しなかった年の割には、東京はいつまでも寒いです。

ご紹介のページ、面白いね。時々読みに行こうっと。
西原さんの本は、私も本屋さんで見つからず、アマゾンで買いました。
アマゾンでお買いになるなら、どうぞココをご利用ください(笑)↓
http://marumameko.sblo.jp/article/92608.html

「毎日かあさん」は読んでいないけど、上の記事で書いた作品なら、お貸ししますよ。
例の時に持っていけるし(^^)
Posted by Masako at 2006年03月13日 17:50
インターネットが情報伝達の場から、ビジネスの場に変わった時期(多分ホリエモンの登場とかぶるのかな?)からネットの世界も変わってきたのかもしれませんね。リンクだけに限らず、迷惑メールにしても掲示板への書き込みにしても、ブログにしても…便利になればなるほどややこしくなるのかな。

今日は娘の卒業式でした。
4月からは高校生。
高校でやりたいことは英会話とパソコンだそうで
(山登りとは言わなかった。)
彼女が社会に出る頃にはどんな世の中になってるのでしょう。
Posted by FieldTourer at 2006年03月15日 00:29
FieldTourer さん、お久しぶりです。
お嬢さん、卒業おめでとうございます。

>高校でやりたいことは英会話とパソコンだそうで
>(山登りとは言わなかった。)

ありゃ。でも夏休みくらいは付き合ってくれるんじゃないでしょうか。
いや、オヤジの権限で付き合わせましょう。
夏のプロジェクト、決まりましたか(笑)

ネットの世界も変わりましたよねえ。
メーリングリストでの「のんびり具合」が古き良き時代のようにさえ思える…。
アウトドアのHPにお小遣い稼ぎの広告を貼ったのなんて滅多になかったし。
Posted by Masako at 2006年03月15日 19:33
こんにちは。リンクのことで、私も悩むことがあり
Masakoさんのこの記事や、リンクのページを参考にさせていただきました。
本当に助かりました。昨日から何度も何度もこの記事を見ていました。

>文章をアレンジして利用してくださっても構いません。

とは、私が見る日のために書かれたような文章ですね(笑)

初対面の人に、「相互リンクを」とお願いされました。
普通の山のサイトなので、「まあ、いいか」と
リンクすることにしたのですが、
紹介文は、某潤平さんのサイトのパクり。
それに「毎日更新の富士山」とウソを書かれ(笑)
いい加減な文章なので、書き換えを要求しても
応えてもらえず。
こちらの紹介文のチェックもないし、お礼の一言もなし。
掲示板のおつきあいもなしに、リンクだの紹介だのってあり得ないと思うのです。
自分のサイトのリンクのページをにぎわせたいと言うことなのだろうか。そんなことの為に、、わざわざ私が手間をかけなければいけないのか、、と怒りもわいてきて、リンクをはずすことにしました。
そして、リンクについての文章がなかったので、今回作ることにしました。
今までは、こんな無粋なことしなくても全然問題なかったのにな。。。

ということで、簡単にリンクされないように、Masakoさんからいただいたバナーもリンクのページに移しちゃいました。。。
Posted by いく@しずおか at 2006年04月25日 14:27
いくちゃん

>掲示板のおつきあいもなしに、リンクだの紹介だのってあり得ないと思うのです。

それが最近は傾向が変わってきたみたい。
リンクしてもらうための相互リンクを狙うヒトが増えたみたい。
で、いくちゃんの「リンクについて」を拝見しました。『堅苦しいこと書きましたが、楽しくおつきあいください』というのがいいね。感心しました。
Posted by Masako at 2006年04月25日 23:36
おはようございます。
手の具合はいかがですか?
見てくださったなんて、お恥ずかしい。。。
文章力がないので、苦肉の策です。

ここでMasakoさんの記事を読んでなかったら
リンクについて考える機会ってなかったかもしれません。
リンクをして、コレクションを増やしているような気分になりたいなら
それはそれで構わないけど、
こちらにまで「手間」を要求するのはやっぱり変ですよね〜。
Posted by いく@しずおか at 2006年04月26日 09:54
いくちゃん
手は順調に快復していますよ(^^)

リンクに関する記事がお役に立てたこと、考える機会になったことは、こんなにうれしいことはありません。
ブロガー冥利に尽きます(^^)
Posted by Masako at 2006年04月26日 17:26

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック