お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2007年05月25日

ビリーズブートキャンプ入隊5〜6日目

入隊5日目はいよいよ恐怖の「腹筋プログラム」。のっけからビリーに「覚悟はできてるかっ?」と脅かされビビる。前半戦は立ち姿勢での腹筋運動で、これはまあなんとかついていける。ツイスト運動が多い。これでウエストが細くなるかなあ…と一生懸命捻った。

後半戦。床に寝て行うレッグリフト(脚上げ)のメニューのバリエーション。全てキツイ!
頭を上げろ、顎を引け、床に肩甲骨を着けるな、と言われるけど。う〜ん、脚が上がらない、頭が下がる、ううっもうダメ、ギブアップ(^^;

グッタリと床に横たわっていても仕方がない。で、脚を曲げて(立てて)の腹筋運動だとか、低い高さの脚上げとかの超初級者メニューを、ビリーに断りもなく勝手に行うことにした。除隊させられるかも(笑)

そして終了後のこと…。

エクササイズのために動かしていたセンターテーブルをラグマットの上に戻そうとしたそのとき、かがめた腰にギクリといや〜な痛みが走った。幸いまだギックリ腰にはなったことがないが、なんとなく「あ、ヤバイ」と感じる痛み。でもそっと腰を伸ばしたら大丈夫だった。ふぅ、危うくギックリ腰になるところだった。

いままで運動をしていなかった人と中高年は、くれぐれも頑張り過ぎないように(笑)

ということで入隊6日目、「腹筋プログラム」の2日目過程は軽く流して行った。ん、汗のかき方が足りないぞ。

「基礎プログラム」と「応用プログラム」は55分で、「腹筋プログラム」は35分、「最終プログラム」は30分。「基礎編」「応用編」の55分をすると、“みっちりやった感”が得られる反面、時間がないとき、なんとなく億劫なときにはパスしてしまいたい気持ちになってしまう。そして私のように体力が無いとプログラムの前半戦で力を使い果たし、後半戦についていけないという矛盾も。

ビリーズブートキャンプは「7日間での短期集中ダイエットプログラム」なので上記のような構成になっているのだが、「毎日行う」「長く続ける」ためには30分で一通りの運動ができるプログラムがあると望ましい。

さて、“トータルワークアウト”であり“最後の1日は楽しくエクササイズしましょう”と謳う「最終プログラム」がその望みに応えてくれるかな?
posted by Marumameko at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモみたいな このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック