お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2006年02月21日

トリノオリンピック雑感

女子カーリング準決勝進出ならず…残念!
カーリングのルール説明をいつも見逃してしまって、それでも試合を見ているうちになんとなく分かってくるような、こないような。そんなことも含めてなんとなく面白くてテレビ観戦していたが。

で、今更ですが(笑)
カーリング競技解説Q&A
トリノオリンピックでカーリング中継を100倍楽しむために

アイスリンクの上を滑らずに歩いたり、反対にツツツーと滑って移動したりできる靴にも興味を持ってたので調べたら…
名寄カーリング協会 カーリングツールなどのご紹介

結局愛好者や選手層の薄いことが限界なんだろうけど、体格的ハンディに関わらず勝負できて日本人向きだと思うし、北国ではなくてもアイススケート場さえあれば一年を通してできるし、もっと国・団体が普及に力を入れれば良いのに。

で、いまだにメダルを取れないことはともかくとして、少し気になったことなど。

プレッシャーに負けたのか実力を発揮できなかったり、トップレベルとの差が歴然だったりで敗退していった選手の中に、試合後のインタビューでヘラヘラ笑って答えていた若い選手(男子スノーボードハーフパイプだったか)がいて、なんだかなぁと思い、思わず「へらへら笑うな」とテレビに向かって突っ込んでしまった。若いからインタビューに照れているのかもしれない。でも「照れ笑い」とばかりは言えない。そういうのは「ごまかし笑い」と言うのだよ。もちろん彼らが血の滲むようなトレーニングをしていることは分かっている。だったら「笑うな!」。だからハーフパイプの成田童夢の悔し泣きは好ましかった。

テレビでは例によって「負けても爽やかな笑顔」という言葉の氾濫。確かに岡崎朋美の精一杯やりましたっていう表情は爽やかだった。しかしオリンピック番組っていつも“負けても爽やかな笑顔”やら“負けても頑張った姿に感動”という方向性に収斂してしまう。視聴者からの声も同様。日本人って優しい…ていうか甘い?本番勝負に弱いのはそんなことも要因かも知れない。
posted by Marumameko at 08:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
こんにちは。
今日は荒川選手への期待が嫌でも盛り上がってますね。
メダルメダル、、って日頃の選手権なんかあまり注目しないのに
ここぞとばかりに盛り上がり騒がれるのは
スポーツ選手の定めなのかもしれないけど
なんだかかわいそうな気がします。
という私も甘い視聴者代表???

今回は清水にしても、原田にしても
選手の選抜自体が見通しが甘かったと
新聞に書いてありました。
Posted by いく@しずおか at 2006年02月23日 13:36
私も荒川さん、好きです。ワクワクドキドキ(笑)
ジャンプは日本は規則でいじめられているからかわいそうだけど、
若い選手が育ってないみたいですね。
Posted by Masako at 2006年02月23日 16:56
上のブログの記事も読んでいるのですが、、、
取り急ぎ、「荒川選手やったね!!」
Masakoさんは生で見てましたか?
私は起きたら最後の2人でした。
Posted by いく@しずおか at 2006年02月24日 09:22
平日は6時前に起きるので、もちろん「生」でした(^^)
夫は6時15分頃に出勤するのに、荒川選手を見たいがために電車を1本遅らせ…
ところが村主選手も見たい、あと2人か…と見て、
結果が知りたいから結局最後まで見てから出て行きました(笑)
荒川選手、堂々としていて点数よりも美しさを重視していて良かったね。
新聞の号外まで出たそうな。

Posted by Masako at 2006年02月24日 12:51

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック