お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2006年02月14日

ブログとHPの方向性

ブログでもホームページでも始めたばかりの頃は、書くこと、作ることが楽しくてそれだけで満足できる。やがてブログの記事に対するコメントや、ホームページで言えばメールや掲示板での感想などをもらえばますます楽しい。ブロガーorHP管理人のあなたは、もはやネットでの自己表現から足を洗えなくなる(笑)ブログやホームページがひとつのテーマ(例えば趣味)に基づいていれば、同じテーマを持つ仲間が集う場にもなり、「ネットの交流の楽しさ」はここに極まる。

しかしサイト運営を長く続けていれば飽きてしまうことを別にして、更新・運営の時間が取れない、新しい情報がない(書くことがない)、作成自体のマンネリ化などの「壁」に当たる。真面目に真剣にサイト運営をしているほど「壁」やスランプはやってくる。そして更新の頻度が落ちれば、サイトを訪れて見てくれる人も減るのが普通である。また楽しく交流していたはずの「ネットの仲間」との…ゆるいことが好ましいと思っていた…繋がりが、実は"ゆるい"のではなく"はかない"ことに気がつくかもしれない。コメントや掲示板に書き込みしてくれた相手のサイトに足繁く訪問していなければ、交流も繋がりもあっという間にしぼんでしまうのが現実である。いつかはサイト運営(ブログ・ホームページ)が楽しいばかりではなくなる時が来る。

ではどうするのか。サイト(ブログ・ホームページ)をやめるのか?それとも続けるのか?

視点を変えてみよう。
ブログやホームページにおいて人気がある(アクセスが多い)条件とはなにか?
アクセスアップのコツといえばすぐに引き合いに出される「SEO(検索エンジン対策などの宣伝)」は置いておいて、まず内容あってこそ。そして内容についても2つの大きなポイントがあると思う。

・あの人が書くから見に(読みに)いくサイト
ひとつはそのサイトの「文章」そのもの、そしてその文章から感じられる書き手の魅力に惹かれて見に(読みに)行きたくなるサイトである。文章が特に秀でて上手ではなくても、雰囲気が良いとかユーモアが巧みだったり、読み手の好みにピッタリ来る魅力がある場合でもよい。つまり「あの人が書くから見に(読みに)いく」というサイトである。私自身もそんなブログやホームページが幾つかあり、まるでストーカーのようについつい毎日数回もアクセスしてしまう。またサイトの内容そのものは普通でも、ブログではコメント、HPでは掲示板の書き込みに対して楽しい返信を返してくれる器量のあるブロガー・管理人のサイトもあるだろう。

・必ず情報が得られるという期待を裏切らないサイト
もうひとつは情報がしっかりしていてかつ豊富なサイトである。日記的要素があるブログとは違い、ホームページでは本来何がしかの情報を提供していて然るべきだと思うし(そうではないHPもあるにはあるが)、インターネットユーザーは常に何がしかの情報を求めて「検索」をしている。ヒットしたと思ったページにアクセスしても期待する情報が得られなかったら、そのサイト全体を見ようとは思わない。しかしユーザーが関心を持つ情報が他のページにもありそうなら、ついでに他のページも見たりブックマークして別の機会にも見てくれるかもしれない。

決してアクセスアップを狙えと言っているのではない。サイト運営(ブログやHPをやること)の高揚した時期を過ぎてひとつのステップを終えたとき、また仲間内の交流の場だけでは飽き足りなくなったとき、どういう方向性を持ってサイトを続けていくかということである。

もちろん「閉鎖する=やめる」こともひとつの選択肢である。私の知り合いにも内的要因、外的要因からHPを一度ならず二度までも閉鎖(長期休止)した管理人さんがいる。そして充電期間を経てサイトを復活させているが、これもアリである。その管理人さんのHP・ブログは多くの人にとって「あの人が書くから見に(読みに)いく」というサイトであるからだ。

私自身、5年にわたり趣味(登山・ハイキング)の情報をテーマにしたHPを続けてきている。そして3ヶ月目、1年目、3年目というように幾度となく「壁」にぶち当たり迷い続けてきた。やめようとの決意スレスレで踏みとどまったこともある。もう少し続けてみようと思ったとき、私には「あの人が書くから見に(読みに)いく」というサイトも、「楽しい返信を期待される」サイトも作れないことを悟った。だから丹念に情報を盛り込んだHPにしようと気持ちを固めたのである。

さて、ブログを始めた頃はブログはHPとは違う方向性があるのではと考えていた。つまり趣味に特定・限定した範囲での情報発信ではなく、別の趣味や生活上のこと、社会や政治的なことも含めて日々感じた、あるいは考えたこと…その全て諸々をひっくるめた「私自身」を発信したかったし、それを受け入れてもらえたらどんなに良いかという思いである。しかしブログを1年間やってきて、それは幻想だったことがわかった。記事が時系列で構成されるブログでは、HPという形式をもったサイトに比べてより「記事」にスポットが当たる。つまりある映画について調べようと検索した人は、ヒットした記事は読むけれど関心がない「料理」や「インターネット・ブログ論」など読むわけがないからだ。それに気がついたとき、ブログを長くやっていくためには、やはり「情報」そのものを発信していくことの大切さを再認識したのだ。

「情報」というと大仰にとらえられそうだが、「あなたが知っていて、誰かに教えたいこと」に過ぎない。例えば私が以前に買い求めて便利だった「乾燥ごぼう」の商品名・製造会社・販売会社などを知りたくて検索したら、ネットでも購入できることを知り記事にしたのだが、意外にも「乾燥ごぼう」の情報を求めている人は他にもかなりいらっしゃるようで、頻繁に検索エンジンからのアクセスがあるのに驚いている。また耐震偽造事件での雑感の記事に自分の住むマンションのことを挟んだら、検索して偶然読んでくださった方から『マンション管理組合の会議での参考資料になります』とweb拍手での感謝のコメントを戴いた。まったく思いもよらないことだった。つまりどんな些細な事も「情報」なのである。また視点を変えれば「情報発信」と思って書いていない記事・事柄でさえも、検索エンジンにかかれば「情報」である(自覚していないサイト運営者は多いだろうが)。とはいえ、情報発信なんかにとらわれずに、「私が書くから読む」という人がいてくれたら私も楽なのだが(笑)

「書くことが楽しいからそれでいい」とか「HPあるいはブログを通した今の交流に満足している」から、この記事の内容は自分には関係がない、と思った人も多いだろう。だが長くサイト運営してきた人は、私と似た迷いを経験してきてわかってもらえる部分もあると思う。さりとて自説が絶対だとは思っていないし、押し付けるつもりはない。ダラダラでもなんとなくでも、もちろん一生懸命でも、ブログやホームページをやっていると、ふと虚しさを感じて立ち止まってしまう時がくる。そのときを迎えた人に、どういう方向性を持ってサイトを続けていくかを見直すヒントになれば幸いである。
posted by Marumameko at 06:40 | Comment(20) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
う〜む。
これは、軽くコメントは書けない内容だけれど、ブログ初心者としては、なるほどと思ったことだけ、お伝えしたい。(保存しておきます)

私の場合は、はかなく消えていく淡雪のようなものの一つかな・・・と思っています。

いつか、壁にぶつかって、ふにゅっと消えてしまいそうな予感があるけれど、書きたいなあ・・と思う気持ちがある限り・・かしらん。

Posted by ぴとこ at 2006年02月14日 09:41
ぴとこさん
お気づきかもしれませんが、この記事はぴとこさんの記事「かすかなつながり」を読んで触発されて書きました。
ただし、こんなことを考えていたのはずっと前からですが。

ぴとこさんのブログは私にとってはもちろん、「山笑う」が好きな多くの人にとって「ぴとこさんが書くから読みに行く」ブログです。
それで充分です。悩まないで続けてくださいね(^^)

「はかなく消えていく淡雪のようなものの一つかな」という気持ちも分からないわけではないのですが、もうちょっと欲を持ってもいいかなあ…という気もしますよ(笑)
名残雪の季節ではありますが、ふにゅっと消さないでね〜
Posted by Masako at 2006年02月14日 12:17
Masakoさん
私のブログも開設一年を越しました
一時、HPもブログもアクセス数気になりましたが、
今はどういう人たちが来てくれるているのかなと気になります
私も、時々虚しさ感じますから・・

情報と言う点では発信するより貰うばかりの気がしていますが、
貰うならお返しもしなくちゃとも思っています
Posted by えみ丸 at 2006年02月14日 12:45
えみ丸さん
ブログの1周年おめでとう!
アクセス数って目安でしかないですものね。
私もいまや全く気にしなくなってしまいました。
えみ丸さんのブログもえみ丸さんならではの感性で美術や身の回りのことを語っていて、とても魅力的です。
「情報発信」云々にこだわらなくても、美術展に関する情報は関心がある人に充分役に立っているのですし。
やはり他の真似事ではない、自分自身を表現するブログは強いです。
Posted by Masako at 2006年02月14日 14:11
今まさにそのスランプに陥ってるカラッチで〜す!
HPの更新もままならない、カラッチのブログなんて単に日記の域を脱しえない内容の無さ〜
掲示板もブログも一時休止しようかと本気で考えていたところです。

あぁ〜Masako ちゃんやぴとこさん、えみ丸ちゃんのような「○○さんが書くから見に行く」「情報発信」の場でもない・・・と落ち込んでいま〜す(笑)

かといって・・・折角出来たネットでの繋がりが、掲示板やブログを休止することで無くなるのも寂しいとジレンマ真っ只中です。
なんとか現状打破しなくっちゃ〜〜
Posted by シジュウカラ at 2006年02月14日 14:28
シジュウカラさん
皆さんが羨むほどいつでも掲示板は賑わっているし、カラッチがスランプだなんて意外です。

カラッチが得た「ネットでの繋がり」は、こまめに皆さんの掲示板をめぐって交流を重ねてきた努力の賜物で、カラッチの財産でもあると思います。
でも忙しくて維持できないとのお悩みもあるようですね。そうなんです。私もかつて同じジレンマで悩みましたから分かります。
ネットで得た繋がりといってもいろいろで、掲示板での簡単なやり取りだけでなく、メールや手紙・電話で突っ込んだ話をしたり、実際に会った場合などは一概に「はかない」関係ではないと思います。
私とカラッチだって一度一緒に山に登った仲だから、たとえ掲示板のやり取りが少なくてもこうしてお互いを認め合う関係ができたし(^^)

ブログですが、無理して作らなくても良いのかもしれませんね。
でも日記的な全くの他人にはつまらないけど、トモダチや仲間との間のコミュニケーションはやっぱり私もやりたくて、新しく始めちゃったよ(笑)
http://marumameko.seesaa.net/
内容がない日記のブログだって卑下することはないよ!
あれれ、書きすぎ…メールにすべきだったかな(^^;
Posted by Masako at 2006年02月14日 15:46
あーーこの、かゆい所に手が届く感じ。。。
Masakoさんの記事はいつもそんな感じで
鋭くえぐってくれます。

HPのスタンスって人それぞれで、自分なりの
「目的」がはっきりしてないと行き詰まってしまいますよね。
うちは、「たいしたことないサイト」でOK(笑)
アルバム代わりで始めたことなので、
誰かのためのHPでなくて自分が楽しむため〜と
私は思っています。

Masakoさんのサイトは、情報がちゃんとしてますよね。
自分が歩く時に、「Masakoさんは行ったかなー」と必ず見に来ています。
とことん調べ尽くす根気があるって、「武器」です。
Posted by いく@しずおか at 2006年02月14日 17:09
誰もが羨むなんて・・・と、とんでもな〜い!
今や閑古鳥が鳴いてますよ〜
カラッチ自身、最近何だか皆さんの掲示板やブログ拝見してるのですが指が動かないんですよ〜
まさに・・・相手のサイトに足繁く訪問していなければ、交流も繋がりもあっという間にしぼんでしまうと言う現実に突き当たっていますよ〜
カラッチも以前のように、カウントとか掲示板への書き込み件数など余り気にならなくなったけど・・・

掲示板(ネット)を通じて重ねてきた繋がりは、これからも大切にしていきたいですよね!
masakoちゃんとはネットで初めて一緒に登山した仲だし、ネットを通じて沢山の友人も出来ました。

いくちゃんが仰ってるように、カラッチも自分のHPは・・・ただ単に山記録と思っているのですが、やはりレポ書くからには一人でもカラッチのレポ見て参考にして下る方があれば嬉しいですよね。
その為には、やはり他の人にはない何かが無いと魅力ありませんよね!
あぁ〜〜益々壁にぶち当たりそう〜〜(笑)
Posted by シジュウカラ at 2006年02月14日 19:59
・いくちゃん
えぐれているかどうかは分かりませんが、ここではキレイ事じゃない本音で書こうと思っています。
調べることも面倒なときもあるけど、元々マメなほうですから(^^;
いくちゃんのHPのスタンスの割り切り方、好きです(^^)

・カラッチ
カラッチの山記録は山の会での低山歩きから何度の高いコース、そして夫婦での「始終カラ山の旅」までバラエティに富んでいて他に類をみないと思います。誇りにしてください。
「壁」の乗り越え方、焦らずゆっくり探してね。
Posted by Masako at 2006年02月14日 20:44
良い記事を書かれましたね。やっぱりMasakoさんですねえ
”ううーん”難しい事を、さっぱりとわかりやすく文章にされて…納得です。
三人三様のお答えですが、悩んだり二の足踏んだりしているのは、皆さん同じですね。
私のblogは5ヶ月経過ですが、やめようか休もうか悩む事しきりです。
自己報告型ですが、PCに向かっている事は大好きです。自己満足で続けようかなと思っています。
Posted by 睦月 at 2006年02月14日 22:39
睦月さん
文章、分かりやすかったでしょうか。
いつも回りくどく書いてしまって後悔しています。
皆さん、ふと立ち止まることがあるのですねぇ。
あらためて話題にはしないから一人で悩んでしまいますね。
書いてよかった(^^)
睦月さんのブログ、読んでいますよ。
決算期でお仕事が忙しくて時間もないでしょうに、頑張ってますね。
無理せずにパソコンや文章の練習だと考えて続けるのもいいのでは?
あとから自分の過去ログを読み返すと、結構面白いし(^^)

カラで送信してしまったコメントは削除しておきました。
Posted by Masako at 2006年02月14日 23:06
え〜〜、壁にぶちあたりっばなし、モチベーション下がりっぱなしの長期サイト運営者です。同じく、何度辞めようかと思ったことか、、、コンテンツを絞り込んで細々とやってるのが現状でございます(笑)
どんな形でも、継続することに価値がある。現在進行形の自分史でいいじゃん、とも思ったり。
ブログとHPについてだけど、もし初めてMasakoさんを知ったのがブログだったら、今みたいな関係(笑)になっていたのかなぁ〜。家(HP)にお邪魔して、間取り(コンテンツ、構成)や調度品(壁紙、アイコンetc)などを拝見し、Masakoさんの人となりが見えたような気もするのです。
Posted by ひさご at 2006年02月14日 23:27
ひさごさん
>もし初めてMasakoさんを知ったのがブログだったら、……

え?どーいう意味(^^;
あ、意外にも女の子っぽい壁紙やアイコンで飾り付けるのも好きで
案外かわいいトコもあるなぁ…ってことでしょうか(爆)

ひさごさんとは家の建築時期も近いし、ウェブリングに引っ張り込んでしまったし
「同士<同志」って感じの関係かなあと勝手に思ってます。
時に甘えてしまうこともあるけど、2度しかあっていないし、
人柄も知っているようでホントは知らないのかもしれないと、ふと思ったりして(^^;
Posted by Masako at 2006年02月15日 00:23
なるほど...
壁に何度もぶつかりますよね。
もうHPの時代でもなくなってきたかも知れないし..
blogのほうも最近ネタ切れ〜〜(笑)
Posted by うめ at 2006年02月15日 05:07
うめちゃん
ミニィちゃんのブログ、前ちょっと見たらご繁栄だったけど。
今見たら、ミニィちゃんのHPの充実振りもすごかったけど(笑)
ミニィちゃんの日記なんてのも見つけちゃった。
うめちゃん、私と似てる。いろいろとやりすぎ(笑)
Posted by Masako at 2006年02月15日 07:04
こんにちはっ、いつも楽しく読ませていただいてる身としては、こんな悩みがあったなんて…とおもいました。「楽しくて、参考になる記事をありがとう、感謝してまーす」おかげでPC開ける楽しみがふえたものっ。
Posted by ろくのママ at 2006年02月15日 11:43
皆さんも壁に突き当たってらっしゃるみたいで、自分だけでないって少し気持ちが楽になりました。
Masakoちゃんやヒサゴさんだって、悩んで(?)らっしゃるのだから、カラッチが悩んで当たり前って・・・開き直ることができました。

これもMasakoちゃんがこう言う記事を書いて下さったお陰!!
>カラッチの山記録は山の会での低山歩きから何度の高いコース、そして夫婦での「始終カラ山の旅」までバラエティに富んでいて他に類をみないと思います。誇りにしてください。
Masakoちゃ〜ん、有難う〜〜♪
「まんまの自分」「自分らしさ」でこれからも続けていきますね〜ん!
Posted by カラッチ at 2006年02月15日 11:45
ろくのママさん
私たちサイト管理人の一番の悩みは
せっかく書いたのに「反応がない」です(笑)
だからコメントはとってもうれしいです。
楽しんでいただければいいのですが、つまらない記事に「つまんない」とコメントくれる人って、いないですよねぇ(^^;
反応がないのと面白くない記事を書いた後悔とで二重に落ち込みます(^^;

カラッチ
私はいつも「まんまの自分」。楽です(笑)
Posted by Masako at 2006年02月15日 14:08
とても深い意味がある内容で軽々しくコメントしずらい部分がありますが、さすがにHP先輩としての含蓄のあるお話だと思いました。

自分は3年ぐらいHPやっていて、ブログはその中の一部を分けたので、あんまり意識して別には考えてはいませんが。。。。
内容もブログは山に比較的近いことや皆に共感できる内容を書くようにしているのですが。以前よく書いた仕事ネタは、顧客情報やらコンプライアンスとかいう話につながるので、極力書かないようにしているし。(個人的には、仕事ネタで顧客情報にからまない内容が一番面白いと思えるネタがあるのですが、保身に努める会社員としては、無難な話しかかけないです)

コメントがあるととっても励みになりますが、自分の所は現在は「山スキーネタ」オンリーになっているせいか、ちょっとオタクな分野なので、レスの書き込み少ないですね。。。冬山やスキーやんない人にとってはコメントしにくいし。前回山に一緒に行ったメンバーは逆に私のHPが色んな人が書いているメジャーな?感じすぎてコメントしにくいって・・・ 人の気持ちはなかなか難しいもんだなって思ってます。

HPはちゃんとした本だとすると、ブログは雑誌的な要素というのか・・・。あまり多くをネットの世界に求めてもしようがない部分もありあすが、コメントが無いからと言っていつも見てくださっている方もいるから、なかなか難しいものです。

こういう話題をかくと、ここのコメントに一杯HPやブログ運営者のコメントが載っていて、そちらを拝見するのもとても考えされられるないようで大変参考になりました。
Posted by MINMIN at 2006年02月19日 13:52
MINMINさん
今日は出かけていて、レスが遅れすみません。
以前にも語り合ったので蒸し返しになりますが、そもそも私は山行記録のHPとブログは切り離してやっています。
ネットの登山仲間の皆さんは、ブログはHPのサブコンテンツ、日記として書いていて、山仲間さんとの交流の場にしていらっしゃいますが、わたしはそうしていません。
で、このブログもネットの山仲間さんたちも含め、そうではない人へも発信しているつもりでいます。もちろんコメントしてくださるのが山仲間の皆さんばかりなのは仕方のないことですが(笑)

>個人的には、仕事ネタで顧客情報にからまない内容が一番面白いと思えるネタがあるのですが、……

そういうネタを書きたいのであれば、別のハンドルネームでHPにリンクしない別のブログに書けば良いので、MINMINがそれをしないのは今のブログのやり方で満足していらっしゃるからでしょう。お仕事があって忙しいというのは別問題で、例えば毎日更新しなくても良いのだし。
結局ブログで何を書きたいか、何をやりたいかということですね。

>あまり多くをネットの世界に求めてもしようがない部分もありあすが、

で、これもネットに何を求めているのかで、個々考え方に違いがあると思います。MINMINさんと私は考え方に似ているところがあるのだけど、ネットの捉え方、立つ位置は両極端かなとも思ったりして(^^;(例えば「リンクフリー」についての考えとか)

で…
>自分の所は現在は「山スキーネタ」オンリーになっているせいか、ちょっとオタクな分野なので、レスの書き込み少ないですね。。。

そう、そうなの(笑)
山スキー・雪山をやらないから、最近掲示板にはご無沙汰してます(^^;
また話題に混ぜてもらえそうなときは書き込みしますね(^^)
Posted by Masako at 2006年02月19日 22:33

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック