お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2005年11月12日

ブログの著作権 その1

〔自分の著作権を守る〕
ハイクブログの運営がライブドアのサービスに移行するとの知らせがあったとき、実は若干不安があり場合によっては退会も考えていた。ライブドアのブログは一年前に著作権問題で物議をかもしたことを、なんとなく(どこかで読んで)知っていたからである。

それは昨年11月、ライブドアのブログの利用規定が『利用者は、弊社及び弊社の指定する者に対し、著作権等(著作者人格権の行使も含む)を行使しないものとします』と改訂されたことから始まった。ライブドアユーザーはもちろん他のブログサービスユーザーを巻き込んで、ブログに書いた記事は著作者のものなのか、サービス会社のものなのか(ものであるのか)という議論を巻き起こしたらしい。

この件に関しては何度も紹介している「絵文録ことのは」に総まとめの記事があるので読んで欲しい。

LivedoorBlog以外にも権利侵害規定!ブログ著作権規約を全チェック

ちなみに私の利用しているSeesaaブログの利用規約は、この記事中では『自分の著作者人格権が行使できない!★★☆☆☆』という分類だが、その後【弊社ブログサービスにおける著作権の取り扱いについて】という項目を設置し、そのなかで『ユーザー様がブログサービス上で作成されたものに関する著作権等は、ユーザー様ご本人に帰属します。』と明記している。ただし、それでも以下のように著作者人格権の行使を放棄しなければならないかのような説明が繰り返されいる。
なお、ユーザー様には、アカウント登録の際に、弊社ブログサービス上で書かれた著作物に関して、弊社は日本の国内外で、無償で、非独占的に、それらの使用、複製、変更、削除、翻案、翻訳、掲載、開示、提供、二次著作物の作成、配布などができる権利をSeesaaに許諾し、同一性保持権などを含む著作者人格権を行使しないことに同意して頂いております。

「絵文録ことのは」のエントリーの続きの記事を読めば、単なるブログサービス社側の都合で、規約に「著作者人格権」を持ち出していることは分かった。

著作者人格権:何が問題で、どう書くべきか?

それでもやはりSeesaaの利用規約の書き方は腑に落ちない。
そんなことを思っていたこの数日だったが、昨夜メインサイトのために借りているレンタルサーバー会社からブログサービス提供開始のお知らせのメールが入った。なんと「Seesaaブログ」の機能を採用するので機能やサービス内容は今と変わらないようである。『閲覧や更新の快適さを追求するために、画像ファイルをブログサーバ側ではなく、お客様のレンタルサーバ側(お客様ディスク容量内)に保存するなどといった独自の機能を搭載』なので、サーバーダウンでの苛立ちも解消されそう…
…なので、サービスが開始されて利用規約など吟味の上のことだが、ブログの引越しを考えるかもしれない。

さて、話を元に戻してハイクブログなのである。万一の場合を考えて投句した俳句はテキストファイルでバックアップしている。メインサイトにもパックアップを兼ねて、俳句のぺージを、言わば「なんちゃって句集」をアップすることにした。これは著作権の自己防衛のためでもある。なぜならハイクブログの利用規約の「権利関係」には
■著作権について
「ハイクブログ」で提供しているコンテンツの著作権は原著作権者および「運営者」が保有します。原著作者および「運営者」の許可なしに複写、複製、またはその他のいかなる方法で他の媒体で使用することを禁じます。著作権侵害行為の結果発生した損害について、「運営者」は一切の責任を負わないものとします。
「ハイクブログ」の提供、利用促進及び「ハイクブログ」の広告・宣伝の目的のために、運営者はユーザーが著作権を保有する「ハイクブログ」へ送信された情報を、無償かつ非独占的に本サイトに掲載することができるものとし、ユーザーはこれを許諾するものとします。

とあり、「運営者」はユーザーが著作権を保有する「ハイクブログ」へ送信された情報、つまり作品の著作権を利用はしても、著作権侵害行為の結果発生した損害については責任を負わないと述べているからだ。

※この数日間、インターネットにおける著作権のことを、例えば「社団法人著作権情報センター」をはじめとするウェブサイトを読んで、真剣に勉強しました。次回は「ブログの著作権 その2」〔著作権侵害をしない〕を書きます。

〔注〕その後Seesaaブログから「さくらのブログ」へと移行

よろしかったらココをクリックしてこの記事を評価してください(新しい画面がひらきます)
posted by Marumameko at 18:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
blogを無料で借りるからといって、会社に著作権を行使できないとは驚きです
teacupはどうなのか気になります

私のホームページのトップには「著作権は放棄していません」と明記してあるの 
以前無断で使われて「一言断って欲しかった」と言う思いから入れました
blogの文も自分なりに考えて時間をかけてupした記事なので、勝手にされるのはイヤだな・・
Posted by えみ丸 at 2005年11月13日 12:24
えみ丸さん、こんにちは。
ブログサービス会社がなんと言おうと、本来著作者人格権は譲渡できる権利ではないのです。とりあえずはランキングページなどに表示する都合上勝手に利用しますよ、ということです。しかしもし勝手に他の媒体で利用されても、規約に同意して利用を始めてしまった以上、利用者は弱い…。
teacupの利用規約はボップアップウィンドウ表示だったので、ここにURLを書けないから、ご自身で確かめてね。第13条(著作権等)です。結論はSeesaaと同じなんだけど、退会しても会社がユーザーの書いたものを利用できると書いてある!
他人のサイトの記事・画像を無断で持って行き、自分のサイトで平気で使うヒトは論外。
でもスレスレの著作権侵害は誰でも起こしやすいので、充分注意しなければ。
ちょっと風邪気味なんで、次回の記事はちょっと待っててください(^^;
Posted by Masako at 2005年11月13日 15:10

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック