お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2005年10月31日

ブログの「バトン」なるもの

ぴとこさんの記事【バトンタッチされたので】を読むと、バトンを渡されたような気もしないでもないけれど、渡されてはいないような気もするので(笑)、「人生の経験値バトン」は書きません。

以前に「ミュージック・バトン(私の記事)」を渡されていますが、頭に浮かんだのは、これって一体誰が始めたのだろう?という疑問。やはりアメリカの一(いち)ブロガーが作って、日本にも波及したのだろうか?
検索してみました。ヒマというわけじゃないけど、とにかく「調べる」ことが好きだという、困った性格です(笑)
やっぱり居るんですね。同じ疑問を持つ人が。いろいろなブログを読みましたが、
よくまとめられていたのは

Musical Baton ミュージカル・バトン!(歴史+回答つき)

ちなみにこのブログ「絵文禄ことのは」は、私が迷惑トラックバックの対処法を調べて参考にさせていただいた、「トラックバック・ポリシー」を作られたブログです。(トラックバック・ポリシーは右サイドバーの「トラックバックについて」をご覧ください)

トラックバック・ポリシーを作ろう。ルールやマナーに悩む人のための作成ガイド

「絵文禄ことのは」はブックマークしていて、その後も時々チェックしています。ブログをするうえでたいへん参考になります。

話をブログのバトンに戻します。
「絵文禄ことのは」さんのミュージカル・バトンの記事へのすごい数のトラックバックにビックリしてしまいました。ひとつひとつ読む気はないのでパスしましたが、受け取って楽しむ人と、迷惑に思う人双方がトラックバックを送っているのが面白い。「料理バトン」や「お菓子バトン」などがあるらしいとは知っていたのですが、なんだかもっともっとあるらしい
「不幸の手紙」の系列のチェーンメールのようでもあるけど、渡されてパスしたって別に「不幸が起きるぞ」と脅かされてもいないし、まあ、「ネットのお遊び」でしょう。知り合いのブロガーの意外な一面を知ることは、誰でも興味がありますし。でも、私にバトンを渡してくれても、気まぐれだし、バトンを受け取ってくれそうなオトモダチブロガーさんが極めてすくないので、リレーアンカーになることは確実ですから(^^;
posted by Marumameko at 20:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
Masakoさん、バトンを受け取った気持ちになってくれてありがとう^^

私も、ある意味、リレーアンカーのようなもんですが・・・バトンもほんと、いろいろあるようだね。答える分には楽しいけど、わたし昔からバトンパス苦手なんだなあ・・

この【絵文禄ことのは】興味ふかいけど、ちょっと時間がないので、ゆっくり勉強させてもらおう・・
Posted by ぴとこ at 2005年11月01日 06:40
ぴとこさん、おはようございます。
お忙しいようですね。
記事、読んでくれてありがとう。
Posted by Masako at 2005年11月01日 08:08
このバトン記事、私にも他所から周って来たような来ないような・・

私の場合、今までの音楽・映画・旅もそうでしたが、
一つの質問にひと言で答えるのでなく、たっぷり語りたくなってしまうの(^^; 
今回100もあるので、blogに100のお題をいただいたようなものです 
これから書きたいこといっぱい出てきてしまったよ
Posted by えみ丸 at 2005年11月04日 12:07
えみ丸さんもお忙しいようね。元気でなにより(^^)
確かにあのバトンはネタ切れの時に思い出すといいかも。
私は書きたいクエスチョンもあったけど、スルーしたいのもあったりで、
遊びだけど、そういう人もいるんだよって…なんとなく。
Posted by Masako at 2005年11月04日 22:59

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック