お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2005年09月24日

ハリケーン

またもや台風接近。アメリカでもハリケーン「リタ」が再び来襲。
カトリーナでは車も持てない貧困層が逃げ遅れたが、今度は避難する住民の車が渋滞して避難ができないという。おかしな国である。

政府の対応の遅れが指摘、非難されてもっともだが。

行政や他人に頼らずに、銃で武装してまで自分の安全を守ろうとする国民は、イラク戦争を始めた政権を、あんなにこぞって支持したではないか。

巨大なハリケーンが頻発することイコール地球温暖化が原因とは言い切れないかもしれないが、要因のひとつであるだろう。
京都議定書の批准を離脱したアメリカ。「ハリケーン災害→経済損失」を受けて、環境問題に目を向ける機運が生まれるかどうか?
posted by Marumameko at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック