お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2005年09月13日

衆議院選雑感

今回の選挙に関しては、事前の勉強不足を痛感しているので、何も書くつもりはなかったけれど…やっぱりちょっとだけ。やぶ睨み的雑感です。読み流してください(^^;

【小泉劇場】
小泉サンがマスメディアと有権者を惹きつける才に長けていることは紛れもないけど、なんとなくバックにプロデューサーの影を感じる。広告代理店が選挙のプロデュースをしているアメリカの大統領選に習い、日本の政党でも数年前からやっていると何かで読んだし。「劇場選挙」とはよく言ったものである。
それからクールビズだかなんだか、カジュアルファッションがますます板についてきた小泉サン。それどころか、あの武部サンまでがおしゃれにピンクのシャツ。スタイリストがいると思うな、絶対(笑)。民主党も次回の選挙は、腕利きのプロデューサーと契約しましょう!
【選挙特番】
開票後の選挙特番で選挙を戦い終えた候補者、それも若手の論客といわれる人たちが出演して白熱した討論会というのが数年前から定番になっている。選挙前によく理解できなかった政党間の政策の違いが、選挙の後のこの討論会でよくわかったり…。選挙公示前・中の報道番組でも党首を招いたり「政党座談会」があるけれど、なぜかキャスターやジャーナリストの突っ込みも中途半端でつまらない。大体選挙中のテレビは党首や候補者のパフォーマンスの映像を繰り返し流すだけ。

選挙翌日の昼のワイドショーにチャンネルを合わせれば、いまだに「候補者の妻の内助の功」特集なんてやっている。番組制作者は主婦を馬鹿にしているのかと思ったり、有権者のレベルはやっぱり十年一日なのかと思ったり。

【無党派層】
無党派層とひとくくりにされるが、実態はいろいろ。今まで寝ていた無党派層の中の「政治無関心派」が、「改革にYESかNOか」とシンプルに迫る小泉サンをテレビで見て、「小泉サンなら改革してくれそう」「今回の選挙は面白そう」と投票に行ったようだ。
投票率が上がることは喜ばしいが、「改革」の中身をどれだけ知っていたのか。郵政民営化反対派の中でも、皆一律に反対ではないことを知っていたのか。民主党が民営化に反対していたわけではない事実を知っていたのか。そして道路公団の改革があんな骨抜きでも許せるのか。
せめて自分が投票した結果の小泉サンの改革の行方と、郵政以外の政治がどういうふうになるのかを見極めてほしい。だけど皆すぐに無関心に戻るのだろうなぁ…。

【政権交代】
政権交代が実現しやすい小選挙区制導入から10年余も経て、当時の選挙制度改革と政治改革の熱気も冷めている。そのころテレビでカンカンガクガクやっていたときは子供だった世代は、政権交代の意味や重要性なんて知らない人も多いだろう。そもそも長い間政権交代がなかったといっても良いこの国では、政権交代は特別な事態のように捉えられている。今は保革二大政党の時代じゃないのに。この国では「政権交代」を錦の御旗のように唱えるだけでは、無党派層の心をつかめないのではないか。無党派層の中の「とにかく政権交代待望派」の私でさえ、今の民主党ではなぁ…。民主党は変われるのか?変わる前に分裂したりして…。

マニフェストなんて知らない。知ってはいても読む暇がない。読んでもわからない。
多くがそんな有権者。
政見放送と選挙公報と数少ない立会演説会。公示後はインターネットでの活動はダメ。だから名前の連呼と握手と手を振るだけ。それが選挙活動。
そんな国の国政の行方に、暗澹たる思いを強くした選挙だった。
posted by Marumameko at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック