お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2005年07月06日

ほっとけない 世界のまずしさ

ほっとけない 世界のまずしさキャンペーンのホワイトバンドを2日前にオンライン注文したけれど、現在品薄で届くのはずいぶん先になりそうだ。マスメディアではさほど盛り上げていないが、ネットではそれなりの反響があるのだろう。

声をあげる

このキャンペーンは単なる「寄付」ではないということを、ホワイトバンドを買うという「寄付」した人たちのどれだけが理解しているのだろう。「南北問題=地域間の経済格差」の問題は根深く、「寄付」を主体としたキャンペーンを何度やっても焼け石に水だった。「ほっとけない 世界のまずしさ」のサイトの「message/活動趣旨」を読んだ。『貧困を世界の優先課題とすること。構造を変えること。日本がそのメッセージを世界に向けて訴えること』。そして趣旨に賛同したという声を表す「ホワイトバンド」だというのだ。

「デモ」に参加するという行動にはなかなか移すことができないまでも、「声をあげる」という行動くらいはしなければと考えている。イラク戦争勃発前にはホワイトリボンと「NO WAR!」のロゴを組み合わせたバナーを作って自分のHPに貼った。ホワイトバンドが届いたら、私は声をあげるために身に付ける。

追記
この記事を書いたあと、ホワイトバンドキャンペーンは売り上げのほとんどが寄付されず運動の運営費に回っているなどと指摘され、社会問題にもなりました。
この件の補足記事は書いていませんが、私の気持ちはに別の日のコメント欄書きました。
posted by Marumameko at 16:11 | Comment(5) | TrackBack(1) | 社会・政治 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
五日前から「クリック募金」に勤しむ息子です。
「ほっとけない活動」もほっとけない。
一億年後の地球には人類は存在しないとTVで知ったよ。下等動物や昆虫は環境に適応するよう進化し生命の営みを止めていないのにですよ。う〜ん、少し方向が違うけれど、ほっとけない活動に参加しなければ。
「山わらう」の方が書かれているように、サラッとカッコよく運動を語れるようになりたいものですね。手術待ちのバンドに見えないうちにね。(笑)
Posted by ももちゃん at 2006年05月23日 09:05
こういう運動を偽善だとか政治的だとか言う前に、何かしなくちゃとクリック募金のバナーを貼ってます。
毎日クリックできなくて、まだ二桁だけど(^^;

「ほっとけない活動」はこの記事を書いたあとに寄付になっていないと社会問題にさえなりましたが、補足記事を書いていません。
こうやって過去記事を読んでくださる場合もあるだから、誤解が生まれないよう工夫しなくちゃいけないかな。
Posted by Masako at 2006年05月23日 17:50
ぼちぼち読ませてもらってます。
Masakoさんのページは、記事の内容よりも(#ごめんなさい)言い回しや言葉の選び方を中心に見ています。私の思考回路と違う所、私には出来ない大人な言葉が勉強になるのです。
Masakoさんからリンクされている方々の所へも行ってますが、コメントまでは残せないです。ゆるい関係っちゅうのが苦手なのです。

そうそう、俳句もざっと拝見しましたが、あちらの方は私の心に入って来ないんだよなあ。
俳句教室が彼方此方にあるようで、近所の郵便局が発表の場なのね。老人の詠んだ句を読み、頷く私は、何なのかな。
Posted by ももちゃん at 2006年05月24日 07:44
過去記事まで読んでくださり、ありがとう。
昔…ってほどでもないか・(笑)…に書いた記事にはトホホなものや認識が間違っているのもあるので恥ずかしいですが、それは私の成長・変化の記録ってことでカンベンを。
「大人な言葉」って言い回しってことかな?
確かに若い人は使わない「言い回し」を使うことがあるかも(^^;
特に未知の人へのコメントは私だって清水の舞台です。どうしても伝えたいことがあるのか無いのかが、舞台から飛び降りるかどうかの判断になりますよね。
最近はお気に入りブログの記事に胸打たれたり癒されたり、勉強になったりすることが多く、インプットの度合いがとても大きいです。

>そうそう、俳句もざっと拝見しましたが、あちらの方は私の心に入って来ないんだよなあ。

正直な感想をありがとう(爆)
素直な感動さえも少しでも「技巧」を高めて表現したいという見え透いた下心が無きにしも非ず。見抜かれたのかも。で、ちょっと充電中。
Posted by Masako at 2006年05月24日 12:20
(スノーシューのところ拝見しました)
声をあげる・・・難しいですね。
私達は割と世界中にお金は差し上げてるみたいですからね。
(無論 私達の税金で。)
私の現時点での稚拙な結論では・・・
もう少し世界中の金持ちがEQ(こころの偏差値)を高めてくれれば・・・なんて他力本願です。
世界中の教育科目にきちんとした作法の授業と
日本の歴史の授業(これはややもすると右翼と言われるかも!( ;^^)ヘ..)、
EQを育てる授業科目があれば
これからの地球の子供達の頃には
あと何十年かしたら様相変わるかなぁ・・なんて想像しています。
たいした確信もなく自分もできてるわけじゃなく(笑)ただの想像なんですが・・。

それにしても運営費にほぼ消えてたとは・・・
私も夫と二つ買いましたが・・
もう街角で募金見てもやらないって事になりますよね!
貴重なお話をありがとうございます。

Posted by TORO at 2006年05月31日 18:20

この記事へのトラックバック

ほっとけない世界のまずしさ
Excerpt: ほっとけない世界のまずしさに賛同して、申し込んでいたら、やっとホワイトバンドが送
Weblog: 山笑う
Tracked: 2005-07-28 14:39

最近のトラックバック