お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2006年11月14日

I stand alone

I stand alone... I stand alone...
その言葉が頭から離れない。

昨夜観たテレビ番組『チャップリン 世紀を超える』〜プレミアム10-NHK(再放送)はとても面白かった。チャップリンの遺言で償却されたはずのアウトテイクス(NGフィルム)から、チャップリンが“普遍的な笑い”を追い求め生み出していく過程を検証していた。

参考ページ(以下のリンクは時間の経過とともにリンク切れの可能性があります)
NHK番組表〜プレミアム10「チャップリン 世紀を超える」

番組後半では映画『独裁者』の制作経緯に絞っていた。あの6分間にわたる演説で有名なラストシーンだが、実は台本では別のラストシーンが用意され、撮影まで行われていたのだとか。ヒトラー率いるナチスドイツがパリを制圧したころ、彼は映画会社の反対を押し切り、制作中止を求める脅迫まで受けながら、平和と自由を讃える演説シーンに差し替えたのだそうだ。

番組の最後に、チャップリン自身が『独裁者』制作当時に描いた“放浪紳士”のイラストが紹介された。その放浪紳士には吹きだしが描かれ、その中には“I stand alone.”と書かれていた。

I stand alone...表現に命をかけると孤高にならざるをえない。

私のブログなんて命をかけるほどのものでもないけれど、「I stand alone」の姿勢でやっている。コミュニティから一歩身を引いたブログを始めたことに後悔はないけれど、虚しさがひたひたと迫り来るときも多い。

I stand alone.
チャップリンのこの言葉に出合って、今ようやく完全に吹っ切れたような気がする。
posted by Marumameko at 15:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
we are all alone

なんて言葉もありますよ。

(似てないか(^^ゞ)

Posted by つかさ at 2006年11月14日 21:34
こんばんは。
そっか(笑)
でも一応ブログの立ち位置の話でして、なんて大げさ(^^;

あと付け加えるとlonely じゃなくて alone ですから(^^)
Posted by Marumameko at 2006年11月14日 22:26
はじめまして、こんばんは!
「チャップリン」で検索して来ました。

社会風刺も鋭くメッセージ性の高い彼の素晴らしい作品の数々は、喜劇というジャンルではとてもくくることが出来ませんね。
まさに天才です!
私も今回、「街の灯」を記事にしました、よかったら一度いらして下さいませ〜ではまた!
Posted by ルーシー at 2007年01月06日 01:42
ルーシーさん、はじめまして。
旅行中だったのでコメントの承認と返事が遅れてごめんなさい。
チャップリンの偉大さをあらためて知らされた番組でした。
ルーシーさんのブログのイラスト、お上手でビックリ(^^)
Posted by Marumameko at 2007年01月07日 21:42

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック