お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2008年02月26日

ネット(web)の面白さのそこら辺

最近読んだ記事にあった「webはニュースとヤフオクくらいにしか用がないそこら辺の主婦」というフレーズに引っかかり、その記事の論旨とは関係なく、webのそこら辺について考えてみました。

まず“そこら辺”(その辺)という言葉が使われる状況としては
(1)遠くない場所を漠然と示すとき。その辺り・その近所・その付近の意
(2)その程度の意(用例;そこら辺でやめておかないと…)
(3)それに関すること(用例;そこら辺をよろしく…)

ですので、前段落で私が「そこら辺について考えてみました」の場合の使い方は(3)になります。

では先に挙げた記事ではどうかというと、(2)の使い方あるいは(1)、もしくは(1)と(2)の両方の意味を込めた使い方だと思います。またこの事例がそうだとは言い切れませんが、“そこら辺の”と言うときに、意識的にまたは無意識のうちに若干の揶揄や嘲けりを込めている場合もありそうです。いまどきの言葉で言えば「上から目線」ですね。

私は「webはニュースとヤフオクだけ」ではないですが、間違いなくそこら辺の(どこにでもいる)主婦です。そんな私が現実では到底出会えない、たくさんの“そこら辺”の人間たちの存在と出会えるのがネット(web)です。

そこら辺にいる同じ主婦や、そこら辺にいる学生さん、そこら辺にいる大学院生さん、そこら辺にいる会社員さん、そこら辺にいる社長さん、そこら辺にいるタレントさん、そこら辺にいる若い女性、そこら辺にいるオジサンオバサン、そこら辺にいる悩める人、そこら辺にいる読書家さん…。うっかりそこら辺の“スイーツ(笑)”さんに遭遇してしまったときは静かにブラウザを閉じ、でも海外の観光地の写真を画像検索で探していたとき出てきたツーショット写真…けっして美男美女ではない中年太りの夫婦の…はほのぼの眺めて、そこら辺には住んではいない外国人なのに、そこら辺の夫婦と同じように親近感を感じたり。なかにはそこら辺の主婦なのに、そこら辺(その程度)ではない文章を書く人にも出会えたり。

ネットをしていてそこら辺に生きる人たちの息づかいに接するとき、私は「人間万歳」という気持ちがこみ上げます。そういう気持ちを持つと、自然と上から目線での“そこら辺”は使えないなあと思うのです。

しかし…

ネット(web)にはそこら辺(私の近辺)にはいない人の、そこら辺(その程度)ではない情報も数多く存在しています。
そこら辺にはいない大学の先生や、そこら辺にはいない研究者、そこら辺にはいないジャーナリスト、そこら辺にはいない著述家、そこら辺にはいない芸術家、そこら辺にはいない技術者、そこら辺にはいないそれぞれの専門家の、そこら辺ではない文章・情報が。

これもネットの魅力なのです。そこら辺の人が書いたものでも、そこら辺ではない人が書いたものでも、そこら辺ではない情報に接したとき、私は「web万歳」という気持ちになります。
posted by Marumameko at 12:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
こんにちは。RSSやライブブックマークを教えていただいてありがとうございます。
早速活用してるのすが、アクセス数には入らないのかな。。。
RSSも登録したけど、見に行くのが面倒なので
今はライブブックマークだけをずらずらっと見て
タイトルに更新があれば見るようにしたりしています。

「そこら辺ではない情報」うまく拾えると嬉しいですよね。
Marumamekoさんはそういうのがうまいから
いつもいろいろ教えてもらってありがたいです。
Posted by いく@しずおか at 2008年03月10日 12:26
こんばんは。
firefoxのライブブックマークは更新チェックとして使うだけなら便利ですよね。
カウンターを設置しているブログの場合、RSSリーダーで読むだけだと、
カウンターは回らないけどアクセス数には入るはずです。

何か面白そうなブログが見つかるといいね。
このところ「読む」ことに偏ってしまい、しばらく何も書いていませんが
いずれそのうち更新しますので、このブログのライブブックマークで更新チェックをよろしく(笑)
Posted by Marumameko at 2008年03月10日 21:32

この記事へのトラックバック

最近のトラックバック