お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2008年03月17日

ネットコミュニケーション

トラックバックというブログでこそのコミュニケーション
前記事「ブログはコミュニケーションに向かない  」では気持ちが先行して単なるボヤキを書き、ろくに推敲もせずにUPしたのでしたが、かえってそういう記事の方が人の心にストレートに届くようです。個人ニュースサイト「明日は明日の風が吹く」に取り上げていただいた([ネット]ブログのコメント欄レベルでも、昔のサイトの頃よりコミュニケーションが出来るだけマシとは思う……よ )ことから、トラックバックをいただきました。

「雑談あってのつながり」と思うと、たしかに辛い仕組みですね。 - CONCORDE
もう少し限定して言うと、雑談には向かない。
そうそう!

(中略)
雑談なくして(継続的な)つながりは生まれにくい。論客同士とか真面目一徹な方面ならいざしらず。

"気が合うひと"とのおしゃべりを楽しむ、ことにネットワークコミュニケーションの楽しみを感じるなら、雑談なくしてどうして相手を得られましょうか、と。

(中略)
"気の合いそうなひと"という時点で、おしゃべりを続けられるようにうまくつなげられれば、もう少しコミュニケーションの満足度も上げられるような気はするのですが(そういう志向であれば、ですが)、うーん。
そうです、そうです!私は雑談がしたかったのです。
で、どうもブログは雑談コミュニケーションには向かないな、複数の人と雑談するならツイッターがいいかな…と言いたかったのです。表現しきれなかったことを補足していただき、私自身明解になって有難い記事でした。おまけに『雑談なくして(継続的な)つながりは生まれにくい』という指摘にも、もやもやしている部分の霧が晴れ、いろいろなことに気づくことができました。

こういうふうに、繋がってはいなかった人と記事で繋がり、感じていること書いたことに共感や反応をいただき、補足や指摘やときには反論をいただくことこそブログ独特のコミュニケーションであり、ブログの醍醐味です。他者の指摘で気づき、更なる次への思考に繋がるインスピレーションが閃く。ワクワクします。面白いです。ブログをやっていて、そしてブログを雑談コミュニケーションの場にはしない方針でやってきて良かったと思う瞬間でした。
全文を読む
posted by Marumameko at 18:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | net このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年03月14日

ブログはコミュニケーションに向かない

どうも春先が苦手で、このところ恒例の「初春の憂鬱症候群」(花粉症やら内分泌・代謝のバランス崩れ)にとりつかれていて、身体も頭もどよ〜んとしている。なのでブログを更新するのも億劫である。書くのが面倒だからといってネットコミュニケーションをしたくない訳ではなく、むしろ反対に“どよ〜ん”だからこそネットでの気楽なおしゃべり相手がものすごく欲しい。

誰とも繋がっていないので淋しくなりますます気分は落ち込むが、ブログに何も書かない、つまりネットに登場していないわけだから、仮に心配してくれる人がいたとしても相手も「元気かな?」と書く場所がないわけだ。私自身、やはりブログ更新頻度が低いあの人の近況が気になってしかたがないけど、ブログの記事内容に関係なく突如「最近どうしてる?元気?」と書き込む訳にもいかないし。

読者としての立場でしかないブログのコメント投稿には二の足を踏む。既に“繋がりがある人”(マイミクさんみたいな人)のブログならコメントしやすいけど、記事内容が全てコメントしたくなるわけでもない。もともとお義理のコメントを書くのもいただくのも苦手なのだが、何せただ今“どよ〜ん”なので義理コメントするエネルギーもない。

今更ながらブログのコメント欄というのは、コミュニケーションに向かないなあと思う。
全文を読む
posted by Marumameko at 18:44 | Comment(4) | TrackBack(1) | net このエントリーを含むはてなブックマーク