お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2008年02月26日

ネット(web)の面白さのそこら辺

最近読んだ記事にあった「webはニュースとヤフオクくらいにしか用がないそこら辺の主婦」というフレーズに引っかかり、その記事の論旨とは関係なく、webのそこら辺について考えてみました。

まず“そこら辺”(その辺)という言葉が使われる状況としては
(1)遠くない場所を漠然と示すとき。その辺り・その近所・その付近の意
(2)その程度の意(用例;そこら辺でやめておかないと…)
(3)それに関すること(用例;そこら辺をよろしく…)

ですので、前段落で私が「そこら辺について考えてみました」の場合の使い方は(3)になります。

では先に挙げた記事ではどうかというと、(2)の使い方あるいは(1)、もしくは(1)と(2)の両方の意味を込めた使い方だと思います。またこの事例がそうだとは言い切れませんが、“そこら辺の”と言うときに、意識的にまたは無意識のうちに若干の揶揄や嘲けりを込めている場合もありそうです。いまどきの言葉で言えば「上から目線」ですね。

私は「webはニュースとヤフオクだけ」ではないですが、間違いなくそこら辺の(どこにでもいる)主婦です。そんな私が現実では到底出会えない、たくさんの“そこら辺”の人間たちの存在と出会えるのがネット(web)です。
全文を読む
posted by Marumameko at 12:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年02月23日

ブログパーツが好きな人

ブログペットをはじめブログパーツがペタペタ貼られたブログは「重くてうざいからキラ〜イ」な人が多いかと思います。私も「ブログペットは何だかなあ…」で、更新しているのでアクセスしたらブログペットが書いた記事なんてのを読まされて「う〜ん、もう…!」

だけど「ブログにブログパーツを貼りたいタイプの人」には共感するのです。他所で見たブログパーツに「ん?なになにコレ」と好奇心を持ち、「わ!面白そう」と自分もやってみたくなり、あれこれ悩まずエイッと登録して始めてしまう人。こういう人は案外、自分の半径ワンクリック(自分の周知範囲)の外を自覚している人じゃないかな。いや自覚じゃないかな。無意識のうちに肌で感じているか、もしくは感じる機会を持とうとしている人という感じ。

ブログパーツの多くは、ユーザー同士を繋げる機能として、ブログパーツをクリックすると他のユーザーのブログパーツに飛ばされるものがあります。無料サービスであるとユーザーが多いので、半径ワンクリック(自分の周知する周辺)を外れたブログに飛ばされます。またアクセス解析の付加機能も今は当たり前ですね。それから以前リファラから気がついたのですが、ブログペットにはソーシャルブックマークっぽいサービスもありました。
ブログペットブックマーク

こういうところから、なんとなくそんなふうに感じているだけなのですが、私自身がいろいろブログパーツに手を出して面白がっているうちに、ネットの世界が広がった一面もあるのです。
全文を読む
posted by Marumameko at 21:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年02月22日

ふたつのネット社会を行き来して

※この記事は前記事「RSSリーダーはフツーのユーザーには無理と切り捨てて良いのか」の続きです。なお、作文スキルがなくて長文ですが、分けたくなかったのでなにとぞお許しください。

昨年3月に私の別ブログでRSSリーダーを紹介する記事を書いたとき、『一つ一つ丁寧にアクセスし、画面の向こうにある人間臭さや生活感を感じていたいという思いもあるなぁ』というコメントをいただきました。その感覚はおそらくフツーの人の感覚であり、ネットを人との交流目的だけでやっているだろう大多数の、フツーのユーザー層の感覚だと思います。

それはそれでわかるけれど、アクセスしたい場所が増えてくるとそうもいかなくなってきます。

こちらのブロガーさんはこんなふうに表現しています。
iso no blog:僕がRSSリーダーを使わなかったわけ
効率化をカルマとするネット右翼の方々には怒られそうですが、単純に効率化したくなかったんです。一軒一軒お尋ね申し上げたかったんですよね。
(中略)
…背に腹は変えられないというか、日々10数件のサイト訪問に疲れたというか。
そんなわけで使い始めたRSSリーダー。もうだめだ。人間は一回便利になるとだめだ。もう従来のお気に入りお遍路はできやしない。
私の場合はパソコンの画面の向こうにもっともっとたくさんの人間の存在を感じたいのです。同時に書き手の生活感には関心がなく、「情報」がお目当ての巡回サイトも少なくありません。フツーのユーザーと私との、ネットへの向かい方のギャップを感じたひとこまでした。(注1:最下段参照)
全文を読む
posted by Marumameko at 14:33 | Comment(8) | TrackBack(0) | net このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年02月21日

RSSリーダーはフツーのユーザーには無理と切り捨てて良いのか

ネットのヘビーユーザーが「フツーの人」=普通のユーザーのことを思い出してくれたことだけで、先ずうれしかったです。

RSSリーダーがフツーの人に普及しなかった訳 - Core
RSSリーダーがフツーの人に普及しなかった訳 その2 - Core
確かにRSSもSBMも普及してないなぁと思ったのでエントリー - 愛夢ロック 〜I’m rock〜
それぞれのブロガーがフツーの人のRSS知識をハックするべき理由*ホームページを作る人のネタ帳

ここでは挙げていないトラックバックエントリーもたくさん読ませていただきました。それらの「はてなブックマーク」での反響も観察しました(参照→はてなブックマーク > RSSリーダーがフツーの人に普及しなかった訳 - Core)。昨日は時間がなかったので自分のブックマークのコメント欄で細切れなアウトプットを書き散らしましたが、やはりきちんと書いておきます。
全文を読む
posted by Marumameko at 14:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | net このエントリーを含むはてなブックマーク

2008年02月19日

情報格差に気づいていますか(2)

【お願い】長いので(1)と(2)に分けました。「情報格差に気づいていますか(1)」からお読みください。

-- 情報格差は広がるばかり --
「情報格差」というと、かつては過疎地と都会におけるITインフラ整備の格差が問題になっていました。しかしすでに数年前からパソコンの技術やインターネットの情報を使いこなせる人間と使いこなせない人間の間に生じる格差が問題視されるようになってきて、政府による研究会まで開催されています。原因として学歴や貧富の差なども挙げられることがありますが、国民の識字率・学歴が高い日本においてはあまり重要視しなくてもよいと私は考えます。

では、情報リテラシーをどんどんレベルアップしていくユーザーと、いつまでも情報リテラシーを上げられないユーザーとの違いはどこにあるのでしょう。

前ページ(1)で挙げたblogタイプの人は、たとえばアクセスを増やしたいと願えばアクセスアップのコツをネットで探し求め、ブログのネタ探しで今何が話題なのかをキャッチしたければアンテナの感度を良くして、観察範囲も広げなければなりません。どんなアプローチの仕方であれ、情報をキャッチする努力を惜しまないようになります。情報取得の手間と時間を省力化しようとRSSリーダーを使うようになればもっと数多くの情報に接し、ますます情報取得能力は高まります。そして情報を加工し、自らのものとして発信する能力も磨かれていきます。こうやって必然的に情報リテラシーが身についていき、情報リテラシーがアップすることでさらに情報が自然と集まっていく流れができていきます。(もちろん全ての人について仮定できるわけではなく、個人の資質、意欲、取り組み方により個人差はある)
全文を読む
posted by Marumameko at 10:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | net このエントリーを含むはてなブックマーク