お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2006年11月30日

自分のポータルページを作ってみた

このブログ「こころの風景」では以前に、映画の感想を含む幾つかのカテゴリーも設けていました。しかし2006年10月30日に別のブログを立ち上げて移行させました。
記事参照→ブログを分割

実はインターネット全般にまつわること、webサイト(ホームページとブログ)の運営に関すること、社会問題や政治的な話題は、はてなのサービスはてなダイアリーパソコンはおもちゃ箱」でも書いています。「こころの風景」を分割したことで、言及するカテゴリーが「パソコンはおもちゃ箱」と重複してしまいました。しばらくこの矛盾をそのままにしていたのは、同じweb論・ブログ論で括れるとしても、「こころの風景」と「パソコンはおもちゃ箱」で書く場合の意図が私のなかでは微妙に異なるからです。しかしそのビミョ〜な違いは多分に私自身の勝手な思い入れということもあり、この際スパムコメント・スパムトラックバックが来ないはてなダイアリーにまとめてしまおうかとも考えました。

しかしブログを移行させた場合、過去ログの古いものは検索エンジンで新たにインデックスされないようです。ほとんどはろくな記事ではありませんが、ごく少ないけれど複数のはてなユーザーさんからソーシャルブックマークしていただいたり、そのことで幾つかの個人ニュースサイトにリストアップされた記事もあります。驚くことに現在でもニュースサイトからのアクセスがあります。アクセスしてもらっても記事がnot foundでは申し訳ないし…第一もったいない(笑)

そういうわけで「こころの風景」は残すことにしました。で、2つのブログの使い分け、あるいは統一についての考えが固まるまでは、「こころの風景」では書かないことにしました。さくらのブログとはてなダイアリーのブログサービスとしてのメリット・デメリットは一長一短ですが、さくらのブログは機能の改善や追加のスピードが遅すぎることが致命的です。またテクノラティにpingを送っても反映されない、どころかテクノラティにログインして直接ping更新しても反映されない(2週間ほど前にテクノラティのサポートに対応を依頼したが返信ナシ)ことも、さくらのブログを放棄したくなる理由のひとつです。

はてなダイアリーはコメント欄が使いにくいうえ、「はてな」自体に敷居が高い?とか忌避感を感じたりする人も多いようです。それでも気が向いたら「パソコンはおもちゃ箱」も覗いてみてください。といってもなかなか書かないけど(^^;

さて、ようやく本題(笑)
「こころの風景」も更新を休止したまま放置したくないし、どうしたものか…と考えていた矢先、下記の記事を拝見しました。

久しぶりにサイトリニューアル(ひとりごと)

あっ!アイデアいただきっ(^^;

複数のサイトを運営していると、それぞれは別個だけど作っているのは私ひとりなわけで、まとめておきたい気持ちは捨てきれないのです。「今日はブログを更新しなかったけどホームページを弄っていたよ」とか、「こっちのブログで書きましたよ」とか、「web論を書いているけど主婦としての日常生活もあるんですよ」とかのお知らせ。いや“お知らせ”以上のものかも。誰かに“私”を知ってほしい気持ち…。ブログに文章を綴ること、それを誰かに読んでほしいと思うこと、その結果誰かと気持ちが繋がる喜び楽しさを味わうこと。その始まりは“私という人間”をネットでアピールしたい、知らせたいということ。楽しいことも、苦悩も、考えたことも、ダメなところも全部含めて「私、ここに生きていますよー!」と…。

そんな意味を勝手に込めての、「Marumameko ポータル」です。
posted by Marumameko at 08:48 | Comment(2) | TrackBack(1) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年11月22日

芋たこなんきん?

昼食に残りご飯と昨夜のおかずのさつま芋の甘煮の残りと一昨日のおかずの筑前煮の“残りの残り”を食べて外出したら、外出中胸焼けで苦しみました(笑) 筑前煮の残りは夫のお弁当にも入れさせてもらったのですが、里芋は傷みやすいのでお弁当に入れず、里芋ばかりがゴロゴロ残っていたから、とどのつまりはご飯とお芋だけだったわけで…炭水化物の取りすぎ!

この季節はさつま芋、里芋、じゃが芋、そしてカボチャは日替わりローテーションで夕食の献立で使う食材です。旬であるからだけど、そもそも私が芋とカボチャ(南京)が好きだからです。
そうです「芋たこなんきん」(笑)

でも「芋たこなんきん」という言葉にはなんとなく違和感があるのです。なぜなら一般的に女性の多くがお芋とカボチャを好むというのは間違いないし、私も大好きです。でもタコは特に好きでもないのです。で、私の周りにもタコが大好きという女性が見当たりません。
続きを読む
posted by Marumameko at 17:45 | Comment(14) | TrackBack(0) | net このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年11月18日

ベータ版を使うこと

先日Lunascape4-Bateをインストールした。少し前まではベータ版ソフトを使うなんて怖ろしくてできなかったのに、ベータ版のWEBサービスを利用したりしているうちに馴れてきてしまったみたい(笑)

幾つかの不具合が現れるが、修正版アップも早いので様子を見ながら使っている。画像などを別窓で開くときにリサイズされた小窓が出せないのが不満だが、検討中というスタッフの回答があるのでいずれ実装されるだろう。また私はGoogleツールバーを入れているのだが、PageRankが機能しない。これも通常はPageRankはOFFにしているので、見たいときにはIEで見ればいい。ということで今のところ私のパソコン環境では決定的な不具合は現れない。

…と書いていたら、突然強制終了(笑)
続きを読む
posted by Marumameko at 17:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年11月14日

I stand alone

I stand alone... I stand alone...
その言葉が頭から離れない。

昨夜観たテレビ番組『チャップリン 世紀を超える』〜プレミアム10-NHK(再放送)はとても面白かった。チャップリンの遺言で償却されたはずのアウトテイクス(NGフィルム)から、チャップリンが“普遍的な笑い”を追い求め生み出していく過程を検証していた。

参考ページ(以下のリンクは時間の経過とともにリンク切れの可能性があります)
NHK番組表〜プレミアム10「チャップリン 世紀を超える」

番組後半では映画『独裁者』の制作経緯に絞っていた。あの6分間にわたる演説で有名なラストシーンだが、実は台本では別のラストシーンが用意され、撮影まで行われていたのだとか。ヒトラー率いるナチスドイツがパリを制圧したころ、彼は映画会社の反対を押し切り、制作中止を求める脅迫まで受けながら、平和と自由を讃える演説シーンに差し替えたのだそうだ。
続きを読む
posted by Marumameko at 15:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年11月09日

家族でバスタオルは共有?個別?

昨日夫が間違えて私のバスタオルを使っていたので、お風呂から上がった私は一瞬うへ〜っとなってしまったのです。タオルを掛ける定位置を間違えた私が悪いのだけど、色が違うのになんで平気で間違えるんかいな。夫が使った後のバスタオルは気持ちが悪いからゼッタイ使えないとまでは言いませんが、自分が使って湿ったタオルをまた使うのとは違う不快さが…(^^;

で、人はどうなんだろうかという素朴な興味が湧き、検索してみました。

Yahoo!知恵袋-『バスタオル』は、家族個別ですか?それとも家族共用ですか?

家族で共有という人が結構いるのは意外でした。誰のものと決めないでしかも共有しない(各自洗濯したてを使用)というのは合理的かもしれないなあ。夫婦ペア(色違い)のバスタオルなど買っても、決まって夫のバスタオルが先に傷むから(笑)

だけど我が家は、バスタオル(フェイスタオルも)は毎日洗濯しません。回答者の中には清潔にすることに誇りを持っている人がいます。洗濯がたいへんでも頑張って、そりゃ毎日洗いたてのタオルはさぞ気持ちいいでしょう。が、タオルが傷んで寿命が…(笑)
いや、節水、つまり水資源の節約も考えてほしいな、なんて。
posted by Marumameko at 17:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | net このエントリーを含むはてなブックマーク