お知らせ2010.12.01
現在諸事情によりコメントは受け付けていません。

こころの風景の新着記事

2006年03月28日

リビング・ウィル

富山県の病院での人工呼吸器を外された問題(事件?)をめぐり、「尊厳死」の問題に焦点が当たっている。今日の朝刊記事によれば《厚生省の有識者検討会が昨年7月にまとめた報告書で、国民の多くは患者本人の意思尊重に賛成しているとする一方で、委員には「法制化まではしなくていい」という意見が多かった》とある。

私は自分が納得がいく死に方を選びたいので、治る見込みのない病気の場合は尊厳死の考え方に同調し「リビング・ウィル」を表明しておきたいとさえ考えていた。しかし新聞記事には『安楽死・尊厳死法制化を阻止する会』の世話人の《「呼吸器を外したいと思うのは周囲が楽になりたいから。苦しんでいるから死なせてあげようという発想は、患者を追いつめる」》という主張も載っていた。

配偶者別姓の法制化問題でいつも思うのだが、別姓を選択しない人にとっては現状のままでも法制化しても何も変わりがないが、別姓を選択したい人には法制化されていない現在不利益を蒙っている(だから早く法制化を)。尊厳死の法制化も同じように捉えていたので、「法制化まではしなくていい」という意見や「患者を追いつめる」ので法制化に反対するというのは全く理解できなかった。

で、もっと調べようと検索すると…
続きを読む
posted by Marumameko at 18:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 このエントリーを含むはてなブックマーク

カテゴリーの見直し

そんなわけでカテゴリーを再考し変更します。
結論を言えば、やはりこのブログではテーマを絞りきらず、いろいろな話題を書いていこうと思います。

まず一番記事数が少ない〔ダイエット〕ですが、今はダイエットに飽きてしまってます(笑)。なので今後記事が増えるとも思えず、別のカテゴリーにまとめてしまいます。次に〔食〕の項目ですが、これもどこか別のカテゴリーに突っ込んじゃっていいみたい。
〔その他(未分類)〕はそれぞれテキトーに分類してみます。

〔手抜き料理のススメ〕に、まだまだネタ、あります。オススメしたい調理器具(たとえばハンドミキサー)や、便利な調味料、結構美味しかった調理済み食品などなど。簡単レシピも思い出したときに紹介したいし。せっかく記事を書くなら調理した料理の写真くらいは載せたいと思うのですが、実はそれが面倒くさくて…(^^; ともあれ〔手抜き料理のススメ〕は今後も書きます。

〔旅・山旅〕のカテゴリーについて
山に登るための旅は多いのですが、山行記録は登山・ハイキングのwebサイトで書いて、ブログでは書かないと決めています。旅での登山ではない部分の紹介記事を書きたくなったら、このブログで書くつもりなので、残しておきます。
続きを読む
posted by Marumameko at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月27日

どんなブログにしたいのか

ブログのことで悩んでいます。
発端はこのブログに「目次」ページを作ろうと思ったことです。記事ページの一番上に目次ページへの誘導リンクを置き、独自ページで表示させたいと考えました。カテゴリーの分類意図を書いたり、同じテーマについて書いた記事を時系列ではなくテーマとしてくくりたかったからです。

しかしカテゴリーが中途半端に多いので、少し整理したくなりました。過去のクズ記事を削除するべきかどうか迷ったりしているうちに、このブログのテーマが開始した頃からずいぶん変節してきていることに、つくづくと思い当たりました。人間だから変節自体は仕方のないことだし、あえて言えば何故ブログを始めたのかということに関しては、“インターネット、サイト運営をしていて思ったことを本音で書きたい”と今でも変わりません。しかし現実にはサイト運営やブログ論のことにだけに集中できず、情報クリップや映画感想記事が多くなってしまいました(それらも読んでくださったという反応があるので、書いていて楽しいのですが)。
続きを読む
posted by Marumameko at 18:23 | Comment(8) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月22日

高齢化社会

昨日はお彼岸ということでお墓参りに行ったのだ。多磨霊園という東京郊外にある、歴史ある広大な霊園墓地である。JR駅からバスで行くのだが(彼岸・お盆には臨時バス増便)、墓参を終えての帰りのバスでのこと。渋滞でバスが遅れバス停に人の長い列ができた。列を振り返って眺めれば、高齢者ばかりなのに気がついた。母子らしいカップルの30代ぐらいの男性と別の40代の女性、そして私たち50代夫婦を除けば、全員60〜80代のお年寄りなのである。

最近は子供連れでお墓参りしている若い家族連れは少なくなってきたみたい。当たり前だが年配になれば家族を亡くし、墓参に来ることも多くなる。で、マイカーで墓参に来ている人たちも中年ばかり。それでも60代止まり。あまり高齢になれば車の運転もできなくなるという訳だ。おまけに夫に先立たれる率が高いのが普通だから、ひとりで墓参に来る高齢の女性はとても多いのだ。で、高齢者は公共交通機関を利用しなくてはならなくなる。
続きを読む
posted by Marumameko at 08:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・政治 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年03月11日

相互リンクについて

趣味をテーマにしたwebサイトのほうに、最近立て続けに相互リンクの依頼のメールをいただいた。私のサイトは昨年あたりから更新頻度は少なくなり、アクセスもそれほど多くない。トップページへのアクセスは、最盛時は1日200カウント近くだったが、最近は100カウントに満たないことが多い。同じ趣味のサイト同士の、いわば内輪相互リンクはもう一段落してしまい、こちらから相互リンクをお願いすることもなければ、相互リンクを依頼されることも滅多になくなっていた。それが今年に入ってから再び相互リンクを依頼されることが増えてきた。

ブログは記事の中での「記事同士のリンク」が普通であり、「相互リンク」というのは馴染みにくい。しかしホームページではリンク集ページというコンテンツがあるくらいで、同じカテゴリーのサイト同士や関連サイトを集めてトップページをリンクするのが一般的である。私がサイトを開設した6年前にはページランクというという概念はなかったから、見ず知らずの人気サイトにリンクしてもらうようお願いするということはしなかった。リンク数を増やすことがアクセスアップに繋がるというので、むやみに相互リンクをしている人もいるにはいるが、あくまで同じ趣味の愛好者同士ということで、交流することを含めての相互リンクであるように思える。
続きを読む
posted by Marumameko at 17:10 | Comment(11) | TrackBack(0) | web・blog考 このエントリーを含むはてなブックマーク